先日、YYCを利用したときの体験談です。

YYCで先日知り合った綾乃は30代前半の熟れきったボディを持て余している人妻だった。
旦那さんは、いつも会社で多忙で、子供もいないので、暇と欲望ばかりが抑え切れないほど有り余っているらしい。
ちょっとだけぽっちゃり系の綾乃の身体は抱き締めた感じが、すごく良くて、透き通るような色白でしっとりしたもち肌は何回抱いても飽きなかった。
綾乃の方も、オレがエッチしたいと言えば、何回でも付き合ってくれるぐらい貪欲だったから、逢う度にオレと綾乃は、クタクタになってしまうほどヤりまくった。

オレとのエッチを程良いエクササイズと捉えているのか、若い男子とエッチしているということがホルモンだかフェロモンだったかに影響したのか、綾乃は少しずつスリムになって色っぽくなりだした。

待ち合わせをした場所からラブホに到着するまでの近い距離がとんでもなく長く感じる。
誰もいない真昼間の公園を横切っていると、綾乃がよろけて転んだ。

「やだぁ…。ストッキングが伝線しちゃったよぉ…。」

おじぎをするみたいに体をくの字に折って、足首のストッキングの伝線具合を確認している綾乃の姿を見ているうちに、性欲を我慢できないぐらいムラムラさせてしまった。

オレは、綾乃の腕を握って、引きずるようにして木の陰へ連れ込む。

「んんっ!?急にどうしたの?」

困惑してる綾乃のぽってりとした唇をキスで閉ざし、右手で綾乃の身体をギュッと抱きしめて、左手でタイトスカートをまくり上げる。

「ま…待って!えぇ!?こ、ここでするつもり?」

綾乃があわてて、オレから身体をはなそうとする。

「も、もう我慢出来ないんだ。ほんのちょっとだから。」

欲望に支配されていたオレの目を見たら、綾乃は、一切抵抗しなくなった。
木に両方の手をつかせて、背後からタイトスカートをたくし上げ、ストッキングをお尻の部分からマンコの上の方まで一気に破いた。
ちょっとだけ強姦プレイっぽくて、より一層興奮した。
ストッキングの破けた位置から、パンティを乱暴な感じに掴んで、ぐっと引き寄せて、チンポをねじ込んだ。
なんどき人に見られるかわからない野外露出プレイでのエッチは、かなりオレ達をヒートアップさせた。
オレがせわしなくピストン運動するたびに、結合部からはいやらしい雫がしたたり落ちる。

「あぁん…ダ、ダメェ…イきそうっ…!」

木にしがみ付いた綾乃がプルプルと震えながら絶頂に達すると、オレのチンポもそれに答えるように、綾乃のマンコの中に精液を撒き散らした。
綾乃のマンコに中出しするのは初めての事じゃないが、まるでザーメンを残らず搾り取るかのようにマンコの中が何回も収縮して、その感覚に普段よりも射精が長く続いた。

たっぷりと中出しした後は、足腰の力が抜けてしゃがみこみたくなるような強烈な脱力感がおそった。

まだ硬く勃起したままのチンポをマンコから引き抜くと、たっぷりと中出ししたザーメンがダラダラとマンコから流れ出て、太ももに伝っていく。
黒色のストッキングに白いザーメンがたれているという光景が、なんともいやらしいコントラストだった。
綾乃は自分の鞄からティッシュを出して、マンコから溢れ出るザーメンを拭うと、オレのチンポもキレイに掃除してくれた。
ほんの10分程度のエッチだったけれど、野外露出で興奮しまくったためか、とても充実していた。

綾乃の身体が熟れているからこそ、前戯抜きでも、オレのガチガチに勃起したチンポをスルリッ!と飲み込めたんだろうけど、いつも以上の気持ちよさだった。
野外露出プレイの快感に目覚めたオレ達は、それ以降もマンションの屋上とか観覧車の中とかで露出プレイを楽しんだ。
だけど、なんといっても特に興奮するのは、公園などの木が生えているところでの野外露出エッチだった。
時間的にゆとりがある時は、わざわざ車をレンタルして、ちょっとだけ山奥に足を伸ばした。
少しだけ森の中に入ったら、驚くほど自由に野外露出エッチを楽しむことができる。

素っ裸となった綾乃は、パンプスだけを履いたいやらしい姿で、車に両方の手をついている。
背後から勃起したチンポをブチ込んで、めちゃくちゃ腰を打ち付ければ、グチャンッ!グチャンッ!という結合部分からのエロ音がますます大きくなっていく。

綾乃の喘ぎ声も悲鳴に近いものになってきて、なんだか動物たちの鳴き声みたいだ。
綾乃がイきかけたあたりで、オレは綾乃のマンコから、一端、チンポを引き抜いた。

かなり荒い息を漏らしながら、不愉快っぽい表情で綾乃がオレを振り返って見つめる。
倒れこむように抱きついてきた綾乃の片足を担いで、再び、綾乃のマンコの中にチンポをぶち込む。

ヤバィ…もうすぐイきそうだ…と思った瞬間に、突然、作業着姿の中年男性が木の陰から出現した。
ポカンとなった表情で、オレ達のエッチを凝視している。

ヤバイ…見つかった!と思ったタイミングで、綾乃のマンコがギュゥッ!と締め付けてきて、オレのチンポから大量のザーメンが射精された。
快感の余韻に浸る間もなく、マンコから中出ししたザーメンを滴らせている綾乃を大慌てで車に乗せて、チンポも丸出しのままで車を走らせた。

心臓が破裂しそうなぐらいバクバクといっている。
強烈な興奮からか、丸出しのチンポが再び勃起しはじめた。

さらに、そんな状況のチンポを見つけて、綾乃が運転席に体を乗り出して、フェラしてくる。
そのフェラがあまりにも気持ち良く、運転に集中できなくなってきたので、事故る前に道の脇に停車した。

すぐさま綾乃がオレのひざの上に乗っかってきた。
つい先ほど中出ししたオレのザーメンが冷えて、中が冷えているマンコだったけどチンポで3~4回かき回す間に、再び温かくなってきた。
ネッチョリと出し入れを堪能していると、綾乃がディープキスをやってきた。
見知らぬ男性に野外露出エッチを目撃されても、恥ずかしがるのとは逆に、かえって興奮しているみたいな綾乃の様子に、オレは、エロい妄想をかきたてられる。

仮に、先ほどの中年男性が襲ってきてたら、今頃3Pという形でセックスしてたかもな、野外露出で3Pというのも、かなり興奮しそうだ。

「あのさぁ、さっきのオッサンにも一緒に野外露出エッチしてもらってたら、綾乃は今まで以上に興奮したんじゃないの?」

オレがふざけるようにして言うと、綾乃のマンコはさらに締め付けてきた。
なんか、野外露出で3Pプレイしている事を想像したらしい。

「真司だけで十分なんだよ…他の人と3Pなんてイヤ…。」

妄想だけでここまでとろけそうになった綾乃のマンコは、綾乃の台詞を否定しているようだ。

次回は、友人に頼んで、野外露出エッチで3Pプレイをしてみるのも良いかと思いながら、オレは綾乃のマンコの中に二回目の中出しをしたのだった。

 

 

関連キーワード
  • PCMAXで出会ったエロい女とビーチで野外露出エッチ体験談
  • YYCで出会った人妻の性癖が開花!マジでヤバイ!
  • PCMAX体験談!清楚な年上の美人妻がホテルで豹変www
  • PCMAXで出会った人妻が連れてきた人物が…まさかの状況に嬉しい悲鳴
  • PCMAXで出会った美人女教師との体験談!性癖が爆発してヤバイことに…
  • PCMAXで出会った金髪娘との体験談!オ○クの僕がこんな思いして良いのか?
おすすめの記事