舎弟のタカヒロがYYCで奥様をひっかけたとのことで、待合せ場所についていった。
どっちみち、ただのBBAかブスだと思ったので、のちのちdisってやろうと考えていたのだ。
しかし、実際に現れたのは、S級美熟女なんて感じに呼びたくなるような色気のある品の良い美人妻だった。
オレは、年上の女には全く興味がなかったが、これほどの上玉とだったら、一発ヤってみたいと思ってしまうほどです。
オレがタカヒロに代わってほしいとせがんでいる声がきこえたのだろうか、その美熟女が近づいてきた。
ふんわりと香水が香ってきて、遠目でみた時の印象より、若々しくて美人だと思った。
美熟女はタカヒロを微笑んでみつめると、

「タカヒロくんかな?」

とささやいた。

「は、はいっ!桜子さんさん…ですよね?」

タカヒロが童貞バレバレの態度で答える。

「こちらは、タカヒロ君のお友達?」

美熟女の桜子さんはオレを官能的な流し目で見つつ、タカヒロにきいた。

「すみません…強引についてきちゃって…。」

「オレ、タカヒロが誰かにだまされてるんじゃないかと心配で…。」

桜子さんはニコッと笑顔で、

「良いお友達なのね。そんなに心配だったら、着いて来てもいいわよ。」

オレに言うと、タカヒロの手をとって、カップルの様に歩いていく。
オレは、自分が完全にお邪魔虫だというのを承知の上で、後ろをついていった。
桜子さんとタカヒロが嬉しそうに笑っている声ばかりがきこえてくる。
二人は迷いなく、ラブホテルに入った。
オレもあわてて追いかける。
部屋に入ると、桜子さんは高級そうな洋服を戸惑うことなく脱ぎ捨てて全裸になってしまった。
しみもたるみも一切ない真っ白で透き通るような肌と完璧なスタイル。
丁度良いサイズのおっぱいに、淡い桃色の乳首がピンッ!と立っている。

「本当は、タカヒロくんの童貞をもらう予定だったんだけど、君にしようかな?」

桜子さんは、裸にみとれてボーっと立ちつくしていたオレに、突然話をふった。

「タカヒロくんは、良~く見ててねぇ♪。」

桜子さんは腰掛けているタカヒロの唇に、チュッ♪と音を立てて軽くキスをした。
オレは桜子さんの気持ちが変わらない間に、慌ただしく洋服を脱ぐと、全裸姿の桜子さんに抱きついた。

「あ、キスはしないでね。あと、コンドームはちゃんとつけて。」

とんでもないアウェイ感だけど、タカヒロの目の前で恥をかくことはできない。

オレと桜子さんがベットの上で抱き合っているすぐそこで、タカヒロがじっくり見学している。
桜子さんの乳首を舌先で舐めて、やわらかいおっぱいを揉みしだいて、マンコをクンニしてみた。
必至で愛撫しているにもかかわらず、桜子さんは全然良いリアクションをしてくれない。
マンコに指を挿入しようとしたら、腕を押さえられた。

「もうチンポ入れてもいいよ。君、爪が長いし、指を入れられたくないから。」

オレは、悔しくなってかっとなった。
マンコにチンポを入れようと思ったら、ゴムを渡された。
イライラするとスムーズに装着できない。
人の前で、しかもタカヒロの目の前でエッチするのがここまでやりづらいって思わなかった。
どうにかゴムをセットして、桜子さんのマンコにギンギンのチンポをぶち込む。
コンドームごしだけど、桜子さんのマンコはかなり気持ちよくて、こちらから責めるどころじゃない。
オレは、こみあげる射精感に耐えることがやっとで、桜子さんの腰の動きに身をまかせていた。
結局のところ、普段の半分の時間ぐらいしかもたずに、オレのいきり立ったチンポはどっぷりとザーメンをぶちまけてしまった。
オレは、自分自身に対しての失望感で真っ青になりつつ、桜子さんのマンコからゆっくりとチンポを引き抜く。
桜子さんは無我夢中でオレ達のセックスを観察していたタカヒロに呼び掛けた。

「それじゃぁ、今度はタカヒロくんが挿入して。タカヒロくんは童貞だし、コンドームはつけなくていいよ。性病の心配ないもん。」

タカヒロは緊張状態でガチガチになりながらも、桜子さんのマンコにチンポを挿入した。
桜子さんが指でマンコを拡げて、タカヒロの勃起したチンポを根元までズップリと呑み込んでいる。
童貞でゴム無しだったら、オレよりもっと早くイッてしまうに決まっている。
オレは最悪でもタカヒロの童貞喪失を終わった後のネタにしようかなと、二人のセックスをじっと見ていた。

「うわぁっ…すごすぎる…桜子さんのマンコ、めちゃくちゃ温かくて、気持ちいい…。」

タカヒロが心奪われたように、桜子さんに身体を重ねる。
桜子さんはタカヒロをそっと抱きしめつつ、アタマを優しくなでている。

「タカヒロくんのチンポ、硬くてすっごく気持ちいいわ。ビクンッ!ビクンッ!って、私のマンコの中で激しく脈打ってるわ。」
「桜子さんさんのマンコ、チンポを動かさなくても、気持ちいいよ…。」

タカヒロは赤ん坊みたいに、桜子さんの乳首をしゃぶった。
ちゅぱっちゅぱっと右と左の乳首を代わる代わるしゃぶって、れろれろと舌で乳首を転がしている。

「乳首を舐めると、桜子さんさんのマンコが、キュッって締め付けてくる…。」

100パーセント二人だけの世界だ。

もしかしたら、3Pプレイが堪能できるかも?とかウキウキしていたオレがアホだった。

「タカヒロくん、初体験でも、すごく上手よ。センスあるかもね。」

桜子さんはタカヒロとディープキスしつつ、ゆったりとエッチしている。
タカヒロは穏やかに腰を振っては休み、休んでは腰を振っている。
じれったくなるほどのたどたどしいピストン運動だ。

「もっともっと腰をガッツリ振れよ!」

酷い疎外感に耐えられなくなっていたオレがタカヒロの腰を掴んで無理に振らせると、タカヒロが叫び声をあげた。

「やべぇ…!そ、そんなにしたら…出ちゃうよ!やめてくれぇ!。」

「我慢しないで…中出ししてもいいのよ…。タカヒロくん、もっと奥の方まできて…。」

オレは、その言葉のショックでタカヒロの腰から思わず手を離してしまった。
初体験がこれほどのSS級美熟女で、生挿入で中出しとか、マジでありえねえ…。
オレは自分自身の初体験の時のすごく嫌な思い出を噛みしめた。
タカヒロは桜子さんのマンコに心置きなく大量に中出しして、その快感の余韻に浸っている。

「エッチって、めちゃくちゃ気持ちいい…。」

「ちょっと待って…そのまま、チンポを抜いちゃダメよ…。」

タカヒロと桜子さんは、その状態で二回戦に突入した。
オレはいたたまれなくて、こっそりとラブホテルを立ち去った。
タカヒロと桜子さんがしばらくセフレになってくれれば、もしかしたらオレもまざって3Pセックスさせてもらえるかも…。

そういう未練がましい妄想を抱きながら。

 

 

関連キーワード
  • YYCは、出会い系最強かもしれない!?放置アカウントからまさかの体験談!
  • 【長文注意】YYCで出会った美人妻との体験談を聞いてください!
  • YYCで出会った和服の美人妻が変態すぎてマジで困惑中!
  • YYCで出会った淫乱人妻との秘密の時間!まさかの展開に…
  • YYCとか胡散臭い!でも、リアルに出会えてしまった体験談!
  • YYCで捕まえた女性と3P!僕と従兄弟の秘密の体験談暴露します!
おすすめの記事
YYC口コミ&体験談
YYCで知り合った綾菜とは、二人の欲望のまんまにセックスを堪能する関係だ。 セフレだからこそできる快感だけを追い求めた。 私たちは、普通のセ...