尻フェチのオレは、バックでセックスするのがめちゃくちゃ大好きなのだ。
騎乗位の状態からオレの上に倒れこむ様に伏せさせて、尻を優しく撫でまわしつつ突きまくるのもイイけど、よつんばいの体勢で、尻だけ突き出させるというようなのが最高に興奮する。

YYCで出会った沙織は、オレが今日まで知り合った女の中でトップクラスの美尻の淫乱女だ。
サイズ、プリプリ感、形、肌の色など、全部が非の打ちどころのないほどの美尻で、初回のセックスでは、尻ばっかり撫でてしまったり、舐めたりしすぎて、気まずくなった。

沙織の尻は、四六時中触っていてもながめていようとも、マジで飽きないハイレベルの美尻なんだけど、沙織には今一つこの興奮を分かってもらえない。

沙織とのセックスを繰り返すうちに、オレには贅沢を極めた欲望が浮かんでしまった。

それは、トップクラスの美尻の持ち主である沙織とのアナルセックスである。

言うまでも無く、アナルセックスをしたことがない沙織には、おもいっきり拒否られた。
だけど、100パーセント痛くしないと根気強く説得し続けて、なんとかアナルセックスへの関心を抱かせることができた。
それ以降というもの、沙織とのセックスは日を追うごとに悦びに満ち溢れたものになった。
アナルの開発という名目の元に、尻をもてあそび放題に愛撫可能なのです。

オッパイやマンコへの愛撫もしっかりとやったが、一番いいのは、沙織の尻を開発できることこそが何よりも素晴らしかった。
言わば花のつぼみかのように美しすぎる沙織のアナルにキスして、舌先で舐めて、ジワジワと拡げていく間ずっと、私の両方の手はずっと沙織の尻をなでているんだ。

沙織のアナルの中に舌先を尖らせて挿入することも、ローションでグチャグチャにした指をすごい慎重に押し込めることも、オレを大いにヒートアップさせた。
沙織もまんざらイヤじゃないみたいで、オレがアナルを弄んでいると、マンコから愛液が溢れて、すごいことになり、マンコの締りががより一層良くなった。
以前は、人差し指を挿入するだけでキツキツだった沙織のアナルが少しずつ拡がり、呑み込めるバイブのサイズがオレのちんぽより太くなったところで、ついにアナルセックスをすると決心した。

コンドームを装着したちんぽをローションでグチュグチュにしてから、バイブでしっかりとほぐしたアナルにジワジワと押し込める。
マンコとは比較にならないくらいキツキツです。

入れているオレも結構しんどくて、チンポの付け根まで挿入し終わった頃には、完全に息が荒くなってしまっていた。
ちんぽの根元がアナルの括約筋でギュゥ~っと締め付けられて、ちんぽ全てがアナルの内部でピッチリと包まれている。
アナルにちんぽを埋め込んで、尻をなでていると、これまで味わったことのないような至福感に包み込まれた。
ちょこっとちんぽを動かすだけのことで、腰がしびれるほどの気持ち良さが全身を突き抜けていく。

念入りななアナル拡張が功を奏したのでしょうか、それとも沙織にアナルセックスが合っていたのか、沙織も凄く感じていて、オレは、ホッ…と胸を撫で下ろした。
永遠にアナルにちんぽを挿入していたかったんだけど、沙織をイかせるために、オレは素晴らしい美尻から手を離して、沙織のマンコとクリを指で弄び始めた。
ちんぽが、根元から千切れそうになるぐらいにアナルがギュゥ~ッと締まりまくる。
沙織がイくときの締まり具合といったら、アナルからちんぽが完全に抜けなくなるかもしれないと感じるくらいだった。
初体験のアナルセックスが実現したオレは、それ以降、マンコとアナルに一度ずつ中出しするようになってしまった。

アナルセックスの際は尻だけに専念できるように、マンコにはバイブを挿入し、クリの方には専用のピンクローターをつけるようにした。

沙織も少しずつアナルセックスの快感に目覚めていって、マンコにちんぽをぶち込む時にも、アナルの方にバイブを挿入して欲しいとおねだりするようになった。

アナルセックスに夢中になるとともに、オレと沙織の関係は、より親密になっていって、沙織はオレの思うがままの淫乱変態女になった。
ある時、アナルセックスにエキサイトしすぎてしまったオレは、沙織の美尻を手の平でぶってしまったのです。
そのときの振動がアナルに挿入したちんぽにまで響き渡って、わずかに赤く色づいた美尻がとんでもなく愛おしかった。

お互いに普段より燃えたアナルセックスが終了した後、赤くはれた美尻を舌で嘗め回すのも、すごいたまらなかった。

鞭とかでぶって美尻を痛めつけるみたいなことには関心がありませんでしたが、手の平でぶつといったやり方は麻薬かのようにオレを夢中にして、オレはアナルセックスする度に、沙織の美尻を平手で叩いていた。

洗濯バサミで沙織の乳首を挟んで、クリにはローター、マンコにはバイブを挿入すると、沙織のアナルは、いやらしくパクッ…パクッ…とちんぽが挿入されるのを待ち望んでいるかのようにヒクつく。
ローションでヌルヌルに濡らした指でアナルをほじる様に愛撫しながら、マンコにぶち込んだバイブを前後に出し入れしてやると、感じまくった沙織が、その快感に耐えられず絶頂に達すると、

「この淫乱!勝手にイくなんて、はしたない変態女だ!」

と、僕は沙織をののしりつつ、美尻を手の平で叩く。
愛撫をしていると、沙織が身体をプルプルと震わせながら、

「イ…イきそう…です。あぁあっ!も、もう…イってしまいます~!」

と許可を求めてきたとしても

「まだ、ダメだな。イくなよ。我慢しろ!」

と言いつつ、より一層強く手を動かす。

尻が赤くなるほど手の平で叩いて、ローションでヌルヌルになったアナルにアナルパールを一つ一つ埋めていたら、沙織はなんだか物足りない快感に体をよじる。

「アナルにちんぽブチ込んでください。」

と沙織がおねだりするまで、じらしまくってからやるアナルセックスは、至高としか言いようがないほどだ。
見た目は全く好みじゃない沙織だけど、この頃は、沙織なら結婚しても良いかなとか思っている。

 

 

 

関連キーワード
  • YYCは、出会い系最強かもしれない!?放置アカウントからまさかの体験談!
  • 【長文注意】YYCで出会った美人妻との体験談を聞いてください!
  • YYCで出会った和服の美人妻が変態すぎてマジで困惑中!
  • YYCで出会った淫乱人妻との秘密の時間!まさかの展開に…
  • YYCとか胡散臭い!でも、リアルに出会えてしまった体験談!
  • YYCで捕まえた女性と3P!僕と従兄弟の秘密の体験談暴露します!
おすすめの記事
YYC口コミ&体験談
YYCで知り合った綾菜とは、二人の欲望のまんまにセックスを堪能する関係だ。 セフレだからこそできる快感だけを追い求めた。 私たちは、普通のセ...