ある日の夜、男前のヤスヒコとコメディアンみたいなマサヤは、いつものように俺のアパートに遊びに来た。
実家住みのこの二人からすれば、一人暮らしの俺のアパートは女の子を誘い込むのにピッタリの場所らしい。
この二人が街でナンパしてきた女の子のおこぼれにあずかることも結構あるので、俺的にもすごく得である。

俺が論文を作成している横で、ヤスヒコとマサヤは、YYCでいつものように女の子を探し始めた。
マサヤがお得意のユーモアセンスを生かして女の子とメッセージのやりとりをし、男前のヤスヒコの写メを送り込むというパターン。
正しく、ゴールデンコンビ!

ものの数時間くらいのやり取りで出会う約束を取り付けた二人は、誇らしげに待ち合わせをした場所に足を運んだ。
俺はアパートの部屋をサクサクと片付けて、もう一つの部屋のベットの手入れをして、ドアを閉めた。

女の子に加えて、お酒やつまみを手土産に、二人が戻ってきた。
今回の収穫は、可愛らしくてちょっとだけぽっちゃり系のユキエと美人だけど、どこかキツイ雰囲気のリサだ。
2人ともものすごい一級品で、自分だけではとてもじゃないがアパートに連れ込むとか出来ないレベル…俺は2人にめっちゃ感謝した。
うまく仕組んだゲームでユキエとリサに、バツゲームとしてしこたまお酒を飲ませて、ベロベロに酔わせたあたりで、ヤスヒコがユキエを例の部屋へと連れ込んだ。

壁越しに、隣の部屋からエッチしている物音がきこえてくる。
リサも、酔って意識がもうろうとしているけど、二人がどこかに行ったことに勘づいて、

「ヤスヒコとユキエは?」

とか言っている。
俺とマサヤは、リサの両側からピッタリと接近して、太腿やオッパイを軽く触りはじめた。
俺がリサの耳を舌先でなめて、マサヤは、リサの首筋に優しくキスをした。

「あぁんっ…ダメぇ…な、何ぃ?」

リサが身体をよじるようにして、俺達をかわそうとするが、俺達が両脇からガッツリと捕まえているから逃げ出せない。
俺はリサの上着の中に手の平を入れて、ブラを動かして、オッパイをモミはじめた。
マサヤは、パンティの中に手をいれて、マンコを指で愛撫している。

「あぁん…や、やだぁ…こんなのぉ…。」

マサヤが背後からリサを抱き上げて、足を絡めるような形で、リサにM字開脚をさせた。
右手でマンコを弄び、左手でピンッと立った乳首を優しく転がしている。

「もうこんなにアソコがヌルヌルになってるよ…。」

耳のそばでささやくようにして、エロい事を言われてるうちに、リサの身体から徐々に力が抜けていった。
俺は、隣の部屋のドアを開けて、ヤスヒコとユキエが絡み合ってセックスしている様子ををリサに見せてあげた。
正常位でちんぽを挿入されたユキエは、快感に夢中になりながら喘ぎ声をあげて、ヤスヒコにしがみついている。

「ほら、ユキエちゃん、マンコにちんぽぶち込まれて、すごく気持ちよさそうだよね。」

俺はリサのマンコをペチャペチャとクンニした。
マサヤの指先がクリを優しく転がしているためか、愛液が次から次へとあふれ出してくる。

「リサちゃんもマンコに入れて欲しいんじゃない?」

マサヤがちびっ子にお話しする様なソフトな言い方で、リサに確認している。
俺はリサのおまんこに、ゆっくりと指を挿入した。

「あぁんっ!い、入れられたいのぉ!リサもちんぽ欲しいよぉ!」

マンコを指でかき回され、喘ぎながら、リサはちんぽをおねだりした。
初めに顔を合わせた時の雰囲気からは考えられないようなリサの喘ぎっぷりに、俺はテンションが上がった。

「悪いけど、オレからでいいかな?」

マサヤはやすやすと俺に譲ってくれて、オレは、遠慮なくリサを背後から抱き上げて、ちんぽをマンコに挿入した。

「ああぁ…奥まで…ちんぽイイよぉ…。」

リサのマンコはとんでもなくグチャグチャで、俺は挿入しただけで、危うくイってしまいそうになった。

「リサちゃん、上のお口にもちんぽあげるよー。」

マサヤはもだえでいるリサの口に、ビンビンのちんぽを押し込めた。

「はぐぅ…うぅん…。」

俺はすごい興奮とマンコの中の快感で、即座にたっぷりと射精してしまった。
中出ししたザーメンが床の上に、滴り落ちていく。

「めっちゃ早っ!んじゃ俺の番ね。」

マサヤがニヤニヤしつつ、リサのマンコに挿入した。

「あはぁんっ…あぁすごい…き、気持ちいいよぉ…。」

マサヤの膝の上に乗せられて、騎乗位で快感に溺れるかのように激しく腰を振っているリサは、正に淫乱みたいな感じで、喘ぎ声を出しながら、マサヤと絡みつくようなディープキスをしている。
俺はユキエとヤスヒコの方に近づいて、まったりとセックスを愉しんでいる二人を眺めた。

「そろそろイクから、代わってみる?」

ヤスヒコは昔、失敗した経験があるらしく、キッチリとコンドームをつけている。
ヤスヒコが楽しんだ後のマンコは、イイ感じにほぐれていて、良い感じの締まり具合で俺のちんぽをギュウギュウ締め付けてきた。

「やだぁ…ヤスヒコ以外とはやりたくないよぉ…。」

ユキエがヤダヤダと首を振るけど、お構いなしにマンコの深くまでちんぽを激しく出し入れする。
不満を言っている口をヤスヒコがキスで閉ざしてくれたおかげで、俺は、腰を動かす事に没頭できるようになった。
ヤスヒコはディープキスを行いつつ、手を出して、クリトリスをいじくっている。

「あぁん…うン…あぁふ…。」

キスで塞がれた口から、喘ぎ声をもらすくらい感じまくってるのに、ヤスヒコでないとイヤだとかウケるし。
俺はおもいっきりマンコの奥に中出した。
マンコに入れっぱなしの状態で余韻に浸っていると、リサを両手で抱きかかえたマサヤが入ってきて、ユキエの上にリサを乗っけた。
レズプレイかのように抱き合う体勢となった二人のマンコの中からは、愛液と中出しされたザーメンがダラダラと流れ出ていて、すっごくエロかった。

輪姦か乱交なのか微妙なところだけど、今日は、もっともっと堪能できそうだ。

少々輪姦ぎみでやり始めても、結果として満足させてあげたら良いと思ってるし、最初に輪姦がイヤだったら、男の部屋に簡単に上がりこんだりとかしないだろう。

あと、必至で抵抗された場合は、絶対やめてるしね。

やっぱり、もつべきものは、男前と才能がある親友だよね。

 

 

関連キーワード
  • YYCは、出会い系最強かもしれない!?放置アカウントからまさかの体験談!
  • 【長文注意】YYCで出会った美人妻との体験談を聞いてください!
  • YYCで出会った和服の美人妻が変態すぎてマジで困惑中!
  • YYCで出会った淫乱人妻との秘密の時間!まさかの展開に…
  • YYCとか胡散臭い!でも、リアルに出会えてしまった体験談!
  • YYCで捕まえた女性と3P!僕と従兄弟の秘密の体験談暴露します!
おすすめの記事