YYCで知り合った綾菜とは、二人の欲望のまんまにセックスを堪能する関係だ。
セフレだからこそできる快感だけを追い求めた。

私たちは、普通のセックスを一通りやった上で、SMだろうということになった。
私はアダルトなおもちゃの専門WEBサイトでSMグッズを通販で取り寄せた。
快感に素直で言いなりの綾菜にどんな物を使おうかと頭を悩ませるのは、すごく贅沢な時間だ。
さっそく、ローション、浣腸器のセットとアナル栓、アナル用のバイブというものをサイト上で買い物かごに追加していると、お手軽亀甲縛りSMセットという物が目に飛び込んできた。
拘束具とボールのくっついた口輪というセッティングも捨てがたいけども、亀甲縛りの王道的ないやらしさにも惚れこんでしまう。
何よりも、このロープの鮮明な赤色が綾菜の透き通った白い肌に映えることだろうと思い描いただけで、興奮してしまったのです。
SMグッズが届いて、直ぐに綾菜をマイホームに呼ぶと、瞳を輝かせて、頬をかすかに紅潮した綾菜が訪ねてきた。
少しビールを飲みつつ、SMグッズを机の上に置いていき、使い方を解説する。
綾菜はアルコールが入ると、より一層淫乱にびっしょり濡れやすいようになってしまうので、セックスするまでには必ず、軽くお酒を飲ませるようにしているのだ。
綾菜はローション、浣腸器セットとアナル栓、アナル用バイブと陳列されていくごとに、もじもじと両脚をこすり合わせていた。
すでにマンコがびっしょり濡れてきたらしい。
その後、私がお手軽亀甲縛りセットを見せつけると、瞳を大きく見開いてハットしていた。
よもや、縛りまでもするとは予想していなかったんでしょう。
お酒が入って、ピンク色に頬を染めた綾菜にヌードになるように支持すると、一枚ずつゆっくりとストリップかのように洋服を脱ぎ始める。
リビングに丸裸の女性が居るという風景は、まるで現実感が無くて、とてもいやらしい。
私は取扱説明書を読みながら、赤色のロープを綾菜のかすかに桃色に色づいたきれいな肌にゆっくりとかけていったのだ。
説明書通りにロープを渡し、二回程度結び付けると、あっけなく亀甲縛りが出来あがった。
素晴らしい綾菜の乳房をアピールするようにして、赤色のロープが彩り、両手を後ろでくくられた完全に無防備な姿勢がとってもいやらしい感じだ。
私はマンコの筋の上をなぞるように縦に通されたロープを強くひっぱった。

「あぁんっ…。」

それぞれお尻側とオッパイ側の両方で、グイグイと前と後ろにロープをずらしてみる。

「あぁん…い…いやっ…。」

立ちっぱなしの様子やソファーの上でのM字開脚、背後からといくつかの姿にして、写真撮影をする。
デジカメとはホントに便利品だ。

もう本格的に、ムービーで撮影するのも妥当かもしれない。
そういったことを思いながら、綾菜のピンク色のいやらしいアナルに浣腸器を突き刺して、浣腸液をおもいっきり流し込み、アナル栓でふたをした。
ギュルルッ…とお腹がなり、綾菜がキツそうな表情で私を見る。

私は綾菜をお風呂場に引き連れて、極限にまで辛抱させてから、アナル栓を引き抜いた。

ぶしゅうううううう。

独特の異臭を放ちつつ、ウンコと浣腸液が綾菜のアナルから吹き出してくる。
ぶぶっ…ぶぴっ…と最後のひと吹きを放ったアナルとお風呂場の床をキレイにシャワーで洗い流す。
アナル栓でゆるんだお尻の穴を指を挿入して、かき出すようにして、じっくりシャワーで洗い流して、バスタオルでぬぐった。
綾菜は私の目の前で脱糞してしまったといった羞恥心で涙ぐんでいて、ぐすぐすと鼻を鳴らしています。

「綾菜…とっても可愛かったよ。」

綾菜の頭を優しくなでて、オデコにチュッと軽いキスをしてあげると、綾菜のご機嫌も良くなったみたいだ。
ベットの上によつんばいの体勢にとなった綾菜のアナルにローションを注ぎ込んで、アナル用のオモチャでアナルを開発する。
せっかくなので、マンコにも極太バイブを挿入して、二穴責めで喘ぐ綾菜の姿を眺めて楽しんだ。
バイブの根元を赤色のロープで抜けないように押さえていると、強制感が出て、極めてエロティックだ。

私はバイブのリモコンをコントロールして、うねりとバイブレーションをアレンジしつつ、快感に悶える綾菜のリアクションを堪能していた。
バイブが軽い動きをした後の激しい動きに、大きな喘ぎ声をもらしている綾菜は、アナルをオモチャで弄ばれるという体験したことのない経験を受けている。
亀甲縛りに拘束されている快感が普段以上に愛液を溢れ出させている様子だ。
綾菜のいやらしい容貌を見ていたら耐えられなくなった私は、丸裸となって、フェラをさせることを決めた。
アナルとマンコの中で暴れまくっているバイブによがりまくっていた綾菜は、私のガチガチに勃起したちんぽが口元に迫ってくると、ぺろぺろと舌先で舐めはじめた。
両手の自由を奪われていて使えないから、舌と唇のみのご奉仕だ。
舌をちんぽに絡ませて、唇でチンポを挟み込むようにしてしごき、唇の両脇からよだれをダラダラと垂れ流している。
フェラをすると、知らず知らずにマンコをキュッと締め付けてしまって、そのことでバイブの刺激をより強めてしまい、ちんぽでふさがれた口からあえぎ声をもらしている。
すごく硬く勃起したちんぽを綾菜の口から取り上げると、綾菜の後側に回って、アナルからバイブを引き抜いた。
バイブで拡張されてしまったアナルは、おねだりするように、ひくつかせている。
アナルとちんぽがグチャグチャになるぐらいにローションをつけて、やさしくちんぽをアナルにあてがった。
つぷ…とちんぽをぶち込んでいったら、徐々に、狭くてキツいアナルに吸い込まれていく。
「ふ…。くぅ…。」
身体を仰け反らせて、強烈な快感に苦悶している綾菜のクリを指でこねくり回して、集中させないようにする。
カリ首の部分がずっぷりとアナルに飲み込まれてしまうと、後はスイスイと入っていく。
マンコとは比較しようもないほど窮屈なアナルの中は、ギチギチとちんぽを食いちぎるかのように締め付けて来たので、苦しいぐらいだった。
ほどなく、ちんぽがアナルになじんだあたりで、ピストン運動を始めて、マンコの極太バイブとアナルのちんぽの両方からとどく快感に耐えられなくなった綾菜は気絶してしまったのです。
私も綾菜のアナルにザーメンを大量にぶちまけつつ、これまでにない凄まじい快感に意識を飛ばしてしまいそうになったのでした。

 

関連キーワード
  • YYCは、出会い系最強かもしれない!?放置アカウントからまさかの体験談!
  • 【長文注意】YYCで出会った美人妻との体験談を聞いてください!
  • YYCで出会った和服の美人妻が変態すぎてマジで困惑中!
  • YYCで出会った淫乱人妻との秘密の時間!まさかの展開に…
  • YYCとか胡散臭い!でも、リアルに出会えてしまった体験談!
  • YYCで捕まえた女性と3P!僕と従兄弟の秘密の体験談暴露します!
おすすめの記事
YYC口コミ&体験談
舎弟のタカヒロがYYCで奥様をひっかけたとのことで、待合せ場所についていった。 どっちみち、ただのBBAかブスだと思ったので、のちのちdis...