YYCで知り合った原田さんは極上のアナルセックス教師でした。
元々、アナルセックスをいつかやってみたいと考えていた私は、せっかくならアナルセックスをやったことのある人に懇切丁寧教わった方がいいと考えて、最近登録したYYCの掲示板の書き込みを日々リサーチしていた。
そうして、アナルセックスのことで書き込みをしていた原田さんという名の男の人に、メッセージを送信してみました。

返事の内容では、すごく知性を感じられて、アナルセックスに関しても、しっかりアドバイスしていただいた。
アナルセックスは避妊の必要性がないので、中出しは問題なしだと考えている人が多いが、中出しされたザーメンが原因となってお腹を壊したりする事があるらしい。

不潔なままでアナルにチンポを入れると、今度は、男の方が病気にかかる可能性もあるから、要注意なんだとか。
ビギナーとのアナルセックスはアナル開発を丁寧にやらないと痛みが生じるし、快感にも個人個人によって差があって、数を繰り返し、少しずつ気持ちよく変わっていく人もいれば、全く合わない人達もいるとか。

メッセージのコミュニケーションで原田さんに好感がもてた私は、日中のカフェで原田さんに待ち合わせみることを決めた。
待ち合わせ場所に来た男性は、高そうな洋服を身にまとった英国紳士のようなカッコいい雰囲気の男性だった。
どっかの企業のお偉いさんか大学教授か医師といった威厳がある。

「こりは、また可愛らしいお嬢さんですねぇ。」

原田さんは表情を緩ませて、私を見つめている。

「純子さんが私を好感を持ってくれたのであれば、今からアナルセックスにトライしてみてはどうですか?」

周りにきこえない程度の小さな声で、アナルセックスと呟かれると、なんか胸がバクバクしちゃう。
明るい内からラブホテルへと足を運ぶのには、すごく抵抗があったけれども、好奇心には勝つことができなかった。
ラブホテルに入ると、原田さんは、バッグの中から浣腸器をとり出した。

バスルームにお湯を溜めつつ、浣腸液を注いだボトルをバスルームのお湯で程よく温かくする。
原田さんが人肌の温度になった浣腸液を浣腸器に足しているのをみたら、これからはじまるアナルセックスへの願望がすごく大きくなっていく。

「それじゃあ、洋服を脱いで頂きます。」

私はいわれたままに洋服を全部脱ぎ、今日初めて顔を合わせたばっかりの原田さんに、生まれたままの姿をさらした。

「素晴らしい。カンペキなプロポーションですね。」

原田さんは美術品を見るかのような目で私の裸をチェックした後、ベットの上によつんばいになるように言う。

「浣腸液を注ぎ込みますよ。」

アナルの中に、生温い感じの浣腸液が徐々に注ぎ込まれていく。
ちっちゃい頃に、座薬を入れたときよりも、比較にならないほど大きな違和感が感じられた。
浣腸器を全部注ぎ込み空にした原田さんは、私のアナルにシリコン素材のオモチャを押し込んでで栓をした。

ぎゅるるるぅぅぅぅぅ…。

私のお腹からへんな音が聞こえてくる。
原田さんは腕時計を見て、時間をチェックしつつ、私の様子を眺めている。
顔に脂汗が少しづつ浮いてきて、もうヤバいかも知れないと思った瞬間に、私の手を引いて、御手洗いに引き連れて行ってくれた。

便座に腰を下ろして、アナル栓を抜いたら、ぶしゅるるるるととてつもない勢いでウンコと浣腸液が噴出す。
トイレだからといって、原田さんの前で脱糞するのは、すごく恥ずかしかったけども、それどころではないほどお腹が大変なことになっていた。
トイレットペーパーでお尻を拭った後、バスルームに行って、アナルをシャワーで綺麗に洗い流してくれる。
アナルに指を押し込まれて、中を拡張するみたいにして、優しく丁寧に洗われていたら、何と言うかご奉仕されているみたいで気分がいい。
原田さんは私のアナルの中にローションを注ぎ込んで、拡張用の少し大きめのアナル栓を押し込んだ。

そのままで、お湯が溜まったバスタブに浸かって、身体をあたためつつ、アナルを開発されて、のぼせる手前でお湯から出された。
再びベットによつんばいとなって、拡張用のアナル栓をグルグルと回しつつ優しく引き抜かれる。
少しゆるんだアナルに大量にローションが注ぎ込まれて、サイズの異なったボールが次から次へと挿入された。
すべてのボールをアナルが飲み込んだところで、スイッチをONにされ、アナルの中のボール達がブルブルと動き出した。
それは初体験の強烈な快感だった。

「マンコからエッチな汁が満ち溢れていますね。」

原田さんはマンコのワレメを指で縦になぞって、愛液で濡れてしまった指を私にみせた。

「マンコにもオモチャを挿入してあげましょうか?」

整った品の良い顔でエッチなセリフを言われると、すごくぞくぞくしてしまう。
私は、無言でコクッ…。とうなずいた。

「この極太のイボイボしたバイブをマンコに挿入して差し上げますから、痛さが無いように舐めて濡らしなさい。」

口元にゴツゴツとした突起のついた黒光りしたバイブを差し出されて、私はぺろぺろと舐めた。
私がバイブを一心不乱にしゃぶっている表情を静観していた原田さんは、やさしく私の口からバイブを引き抜いた。
すぐさまマンコを押し広げるようにして、マンコにバイブが挿入される。

私の感覚の全てはアナルとマンコの快感に集中してしまいました。
マンコに挿入されたバイブにスイッチが入れられると、背筋を衝撃が走るような快感が駆け抜け、軽くイってしまいそうなほど気持ちよかった。
マンコにバイブを挿入して振動させた状況で、アナルの中のボールを抜かれると、ちゅぽんと一つ一つボールが肛門から吐き出されていくごとに、身体の外に排出するときみたいなじわじわとした快楽が広がる。
マンコに挿入したレベルのサイズのバイブをアナルに挿入され、両方のバイブをうねらせつつ、出し入れされると、とてつもなく気持ちよくて、口から喘ぎ声とよだれが滴り落ちた。

「純子さんはアナルセックスのセンスがあるようですね。初めからこれほど感じてもらえるとは、逸材かもしれないですね。」

グイグイと私のマンコとアナルにバイブを押し込みつつも、冷静な言い方で原田さんが言う。

アナルからバイブを引き抜かれて、より一層大きなゴツゴツしたバイブをゆっくりと挿入される。
アナルには、バイブにも滴り落ちるほどにローションを塗られているので、全然痛くはない。
何回も出し入れされて、私のアナルがでっかくてごついバイブに慣れたところで、コンドームをつけた原田さんの硬く勃起したちんぽを見せられました。

「さて、いよいよ、アナルバージンを失う瞬間がきましたよ。ホントに挿入して良いのですね?」

「お願いいたします。」

私が原田さんのちんぽを見つめつつ言うと、アナルから太いバイブが引き抜かれて、ビンビンに勃起した原田さんのちんぽがジワジワとアナルに挿入された。
緩やかに入り込んでくる原田さんのちんぽはバイブよりも気持ち良くて、早くもっと奥まで挿入して欲しくなって、

「も…もっと…、もっと奥までくださいっ!」

と叫んでしまいました。

「純子さんはアナルセックスの快感に夢中になりそうですね。」

微笑みながらアナルの奥までちんぽを挿入した原田さんは、腰を前後に動かし始め、私はお腹の中まで動かされるというような強烈な快感を感じた。

もうとっくに自分が喘いでいるのかすら、理解していない。
頭の中が真っ白にはじけて、意識が失われていってしまった。
原田さんとは、相変わらずアナルセックスを楽しんでいます。

 

 

関連キーワード
  • YYCは、出会い系最強かもしれない!?放置アカウントからまさかの体験談!
  • 【長文注意】YYCで出会った美人妻との体験談を聞いてください!
  • YYCで出会った和服の美人妻が変態すぎてマジで困惑中!
  • YYCで出会った淫乱人妻との秘密の時間!まさかの展開に…
  • YYCとか胡散臭い!でも、リアルに出会えてしまった体験談!
  • YYCで捕まえた女性と3P!僕と従兄弟の秘密の体験談暴露します!
おすすめの記事