YYCで知り合った紗江とは、漫画やアニメのコスプレセックスできるセフレといった関係です。
おんなじアニメやマンガが好きであるということで、親しくなった僕らは、知り合った頃写メを交換し合って、なんのコスプレでどんなプレイをやりたいか、メールやスカイプで夢中になった。
紗江は陵辱系っていうか強姦的な感じで、子分や地位の低い男性にムリヤリレイプされるといったシュチエーションがお好みのようだ。
僕は上役や身分の高い女の人に、力づくで襲い掛かるといった設定が好きなもんで、二人の趣味はちょうど合致した。
すぐさま、好みのアニメに出てくる女キャラが身に付けている軍服と僕の分のコスチュームをネット注文した。
いかめしい軍服を身にまとった紗江は宇宙船の艦長さんで、主役の年下の男子に無理やりに陵辱されるといった設定である。
コスチュームが届いたので、紗江と待ち合わせをして、ラブホへと向かった。
写メで見る以上に可愛らしい紗江は、軍服にドレスアップすると、大人っぽい色気と軽い威圧感に近いを演出していた。
お互いにみえない場所でコスチュームに着替えて、対面した時には、自分自身でも驚くくらいときめいてしまったのです。
スラッととした脚が黒くてうっすらとしたストッキングにコーティングされて、しっかりとしたタイトスカートに覆われています。
たわわなな巨乳を堅苦しく覆い隠している上着は、色気を抑えようとしている感じが逆に、いやらしさをかもし出していた。
僕は我慢できなくなり、紗江に抱きついた。

「か、艦長、僕…ずっと前から艦長の事が…。」
「いけない!今はそのような事を言っている時じゃないわ。」

僕も紗江もすっかり、なりきっています。

「もしかしたら明日、死ぬかもしれないというのに、じっとなんていられないよ!」

紗江の表情を熱心にみつめて、上着のボタンが弾け飛ぶ勢いで力ずくではずした。

「いやぁっ!な…なにをするの!?」

「僕は、貴女のために今日まで頑張ってきたんだし、少しぐらいご褒美を頂いても問題ないでしょう?」

フロントホックのブラを脱がすと、桃色の乳首がピンッ!と勃起していた。

「嫌と言いながら艦長も、興奮してるんじゃないですか!」

両方の乳首を指で軽くつつくと、紗江は身体を震わせる。

「ち…違います!」

僕は顔を真っ赤にしてる紗江のタイトスカートを両手で引っ張るように脱がせた。

紗江の足元で輪のように絡まっているタイトスカートが、自然と紗江の自由を奪っている。
黒いパンストから薄っすらと透けて映る赤いパンティが、とってもエロい。
パンストごしに、お尻を両手でなでまわして、しっかりと締まった紗江のお尻の手触りを味わい尽くす。
ツヤのある薄いパンストごしに気品のある線を描いている脚を優しく撫で回していると、紗江は立ち止まっているのがきついみたいで、僕の両肩に身体を支えるようにつかまってきた。

その両手がプルプルと震えるのは、刺激に耐えているからだろう。
僕は、そのいやらしい脚の付け根部分のパンストを掴んで、強烈にひきさいた。

「あぁんっ!イ…いやぁあっ!」

黒いパンストが引き裂かれて、白くてスベスベな生脚が出現する。
破れ目を両手を使って引き伸ばして、直接、手で脚を撫で回し、欲望のままにほおずりする。
赤いパンティを指先でまさぐると、丁度、アソコの部分がしっとりと湿っているのがすごくわかった。
バッグからハサミを引っ張り出して、マンコの上に覆いかぶさっている所を丁寧にカットする。

「あぁっ!い、いやぁっ!」

ハサミの冷やりとした歯の部分がマンコに触れたかと思うと、マンコを大事に保護していたパンティの布がカットされてしまったのだ
恥ずかしい陰毛も複数カットされてしまったかも…。
ハサミをしまった僕は、もうパンティとして機能していないタダの赤い布をまくりあげた。

「毎晩、思い描いていたんですよ…。艦長のマンコはどんな感じなんだろうって。」

両手でやさしくマンコを押し開いて、人の目に晒されることのない館長の秘部を自分の目の前にさらす。

「とても…綺麗だ…鮮やかな桃色で…おいしそう…。」

僕は唇を近づけて、むき出しになったクリトリスにそっとキスをした。

「あはぁんっ!い…いやぁ、ダ…ダメよ!」

紗江は僕の頭を両手で押さえて離そうとしたけども、加えて、マンコを舌先で優しくなぞっているうちに、両手の力も快感に負けて弱くなっていく…。
ちゅ…ちゅぶ…マンコからは、ジワジワと愛液が溢れ出て、エロい音を放ち始める。
そっと舌先でなぞるだけだった動きを、今度はえぐるように舌をマンコの奥まで挿入する。

「あぁんっ…あはぁ…い…いやぁ…。」

あふれ出した愛液と僕の唾液は、紗江の透き通る様な白い内腿を伝って、引き千切られた黒いパンストに吸収されていった。
しっかりと濡れたマンコに、中指をゆっくりと挿入すると、うっとりとした瞳で僕を見つめていた紗江の口から大きな喘ぎ声があがった。

「ああぁっ!…はぅん…ゆ、指が…中まで入ってくる…。」

指を根元まで飲み込んだヌルヌルのマンコは、催促するようにヒクついて、中の狭さと生々しい温かさは僕のちんぽをそそり立たせた。

「もう…こんなになってるじゃないですか?艦長のマンコは、根元まで指をくわえ込んでますよ?」

「そ、そんなこと…あぁんっ!」

紗江が否定し終わる前に、ヌチャヌチャと中指を前後に出し入れして、喘ぎ声に変えてやった。
あっという間に指は、グショグショに愛液まみれとなって、マンコの伸縮に合わせて、僕は挿入する指を二本、三本と増やしていったのだ。

「館長。もう…いいですよね。」

僕がビンビンに硬くなったチンポを紗江の目の前に出すと、紗江は恐れたような瞳で後ずさりをしたが、足元に絡みついたのタイトスカートに足を取られて、倒れた。

「そうか、館長は正常位がお好きなんですね?」

タイトスカートを両足から抜き取って、黒いパンストをまとった状態のほっそりとした両足首を頭の方へ担ぎ上げる。
両足を持ち上げられた反動で、紗江はフロアに頭を付けて横たわった。

黒いパンストが引き裂かれて露出した白い脚は、もっと進むとむき出しになったマンコへとたどり着く。
いやらしいよだれを滴らせているマンコへ、ズップリと我慢汁でヌルヌルになったチンポをぶち込んだ。

「あああぁんっ!い…いやぁ…やめて…。」

まぶたを閉じて、首を左右に振って拒否している紗江とは逆に、マンコはより一層僕のチンポを嬉しそうに受け入れていく。
奥の方までチンポが入ったら、マンコはもう絶対出したくないと言っているかのように、ガッツリとチンポをくわえ込んだ。

「か、艦長のマンコ、すごくキツくて…最高ですよ…。」

快感に取り付かれるようにグチャグチャと音を立ててチンポを動かすと、舌唇をかんで快感に耐えていた紗江の口からいやらしい声が漏れはじめる。

「あはぅ…あっ…あぁ…。」

先っぽチンポを抜き出しては、マンコの奥の方まで挿入し、のんびりとマンコの気持ちよさを堪能した。
僕が、快感に負けて紗江の中にザーメンをたっぷり吐き出す時には、紗江の口からは、もう喘ぎ声しか出なくなっていた。

 

関連キーワード
  • YYCは、出会い系最強かもしれない!?放置アカウントからまさかの体験談!
  • 【長文注意】YYCで出会った美人妻との体験談を聞いてください!
  • YYCで出会った和服の美人妻が変態すぎてマジで困惑中!
  • YYCで出会った淫乱人妻との秘密の時間!まさかの展開に…
  • YYCとか胡散臭い!でも、リアルに出会えてしまった体験談!
  • YYCで捕まえた女性と3P!僕と従兄弟の秘密の体験談暴露します!
おすすめの記事