YYCという出会い系サイトで巡り合った自称人妻のかなこは、知的でおっぱいもそこそこあるスレンダー美人だ。

週3くらいはお外で働いているのでさすがに、他のそこらのパートばばよりもこぎれい!清潔感もありきれいな感じがする。
仕事や家での家事などのストレスをぱぁ~っとスカッと発散のために、あとくされのない関係、セックスフレンドだけがほしくて、たまらず…出会い系を利用ということらしい。

ホテル代もなんと彼女が払う、女ざかりの熟したカラダにたっぷりと精子を出せる!と堪能しまくりだ。今のこのセフレな

関係は僕には最高に理想というべきか。

待ち合わせをした場所でかなこをすぐに連れ出し、やりたくてしょうがなく即ラブホテルへGOだ。
「シャワー浴びる間の待ち時間、好きなもの食べてていいんだし最高だ。」
人妻のストリップショーを堪能とシャワーシーンも堪能、ルームサービスのサンドイッチで腹を満たす、食欲の

あとは性欲…セックスする前に体調万全。
濡らさないように束ねた髪…

メガネをとれば幼い童顔には、ギャップ萌えーー。
かなこの桃色ちくびはまるで処女のようなカラダ…その体はエロイ、

バスタオルを巻いてベットに…まるで女豹のようにこっちに、その直前…ぼくちんのおちんぽはもはや戦闘態勢になっていた。
「なぁ、メガネかけたままこれ…しゃぶってー。」
ぼくたんが甘えた感じでいうと、かなこはため息?でもメガネをちゃんとかけて、ぼくたんの7日間も洗っていない

めっちゃ臭い…ちんかすだらけの汚い包茎ちんぽこをしゃぶってくれるんだ。

一見…冷たい視線…匂うのかな…かなこの顔がこわばる。でもでもぼくたんのちんぽを咥えて、うっすらではあるがほほを

赤らんでいるではないか 、これは何度も見たいので携帯で保存。
ほんま臭くて自分でもおぇーーーって感じのちんこ。

包茎なんで衛生的に彼女に対して申し訳ない、大丈夫か俺のちんぽ…

仕事柄も潔癖症でないといけないはず。料理もするだろうし、味覚は大事!そんなかなこ

がためらいもなくちんぽこを握りしめ、匂いを嗅ぎに来る…いつもより過激!

ちょっとやめてほしいくらい。こんな臭いのに女のすることってのは不思議だな。
ぼくのちんぽの根元から先まで丁寧にあますところなく、チンカスをこれでもかと舐めとってきれいにしてくれる。
金玉袋の筋までおしゃぶりしながらマッサージ、ちゅると玉袋の奥までまるごと飲み込む。

もはやここまでで僕のちんぽこはすでに射精寸前、もうおまえは死んでいる状態。
「もういいわ。ごめん…臭いだろ。代わりに舐めたい。」本当はもういきそうだから嘘をついた。かっこ悪いとこ

見せたくない。悟られたくなかったのだ。まじいきそうだったしw

 

かなこをベットに仰向けにさせた、僕はかなこが恥ずかしそうにしながらおっぱいを隠した手をはずすように命令、

そしてプレゼントを開けるように左右にバスタオルをめくりあげる。まさしくかなこは僕にとっていつも最高のプレゼントだ。

秋田美人のように白い!舞妓はんかなw

すべすべの肌はつやつやのあかちゃんのようなお肌、おっぱいなんか水のしずくを弾いているではないか。すごい防水効果の美肌効果か…。

 

ややスレンダーすぎだけどデブよりはいいよな。

余分な肉さえついてなければぽっちゃりでもいいけどね。

それにしてもウエストほそ…おっぱいがまんまるでやわらかいし、少し垂れた感じもいい。

あそこの茂みも清潔感一杯。少しジャングルだけどそこがまたエロイんだよね。

奥にのぞかせるおまんこの形もきれい、色もうすピンクとまるでバージン…締まりのよさは もう何回も経験済みだから言うまでもない。
もうぼくちんはぼくちんのちんこは我慢できない。

いち早くあの気持ちいいおまんこすぐにでも入れたい…。

 

僕のちんぽはもう我慢汁全開モード…先っぽからすでにザーメンが少々…いきりたっているのをおさえるのがつらい。
僕は無防備なかなこのカラダを覆う、重くはないかい?寒くはないかいと言いながら濃厚、熱烈なあついベロチュー…

もうキスだけでいつもメロメロだ。。
僕の一生でこんな可愛い人妻にキス、ましてHできる機会なんでそうそうあるものではないよね。

神に感謝しろよ。俺…w

そんなこといつも考えながら…
舌を絡ませ、唾液の交換会!

人妻であるというかなこ…その旦那さんのことを思い浮かべると

かなこは今、俺の臭いちんぽで汚してる。かなこは俺のもんだ。背徳感と

罪悪感と激しい興奮を感じまくるし…いろんな感情がこみあげてくる。ハイになる…

それだけでも昇天だ。

 

形のいいきれいなおっぱいをもみくちゃにしてやる、

かなりでかめの乳首を指でつまむ。
片手でおっぱいをもみしだく…そしてかぶり付く、乳首をなぶり舐めまわす。するとかなこの口から自然と

大きいあえぎ声。息もはぁはぁと…吐息が少し臭い。
「んん…う。」
乳をしゃぶりまくる、舐めまわし続ける 、かなこの口からは嬌声が…。
「ああいいい…んん…あんああ…。」
おっぱいからウエスト、そしてへそと舌でたどったその先は…ぐちょぐちょのおまん子登場。

もはやおまんこに到達する前に彼女もいっちゃってそうだ。

むっちりなお腹もいいが…太ももがぷよってしていて可愛いのとやわらさでかぶりつきたくなる。うまい

肉の棒のようにおいしそうである。

痛くない程度に
がぶっと舌をはわせて甘噛み、あまりのうまさによだれが出る。跡をつけながらひとり

楽しむ。するとかなこがじれったそうに…ちんこほしそうな目をしながらのはやく…の悲鳴。
「おまんこにも欲しい、まだならおまんこも舐めてぇ。」
かなこの真っ赤になったほてったからだ。切なそうな眉を寄せながらのとろーんとしたお目目…

実に色っぽい表情だ。ぼくたんも我慢できない…じらしているつもりはないのだが…。
とろとろのおまんこを舌で舐め舐め……満足させたい。

あえぎ声がなによりのぼくのご褒美だ。
「あは…ああだめ

…そこ…。」
何度…アナルからクリトリスまで舐めただろうか…

膣口やヒダを舌でくすぐりながら突撃…すると、おまんこからは大量の愛液が一気に噴射。

すごいいやらしいよだれがおまんこの口から垂れている。白い液体。

少し臭い。チンカスならぬマンカスに興奮…。白いのがまわりにこびりついているのをぼくの唾液でお掃除…

どろどろになったマンカスは苦くもあり、少しおいしい。彼女は知らないだろう…。

マンカスがついてることも…そしてうんちをした後のちり紙が少しついてることも…

それがなにより興奮させた。

そろそろ指を入れて広げないと怪しまれる…、じらしすぎで僕の勃起したちんぽも限界。

じらしすぎでかなこに握られてしまった。甘いかなこの声で…
「もう、もうちんぽ入れてほしいな?もうわたし、きっと我慢できないわ。」
僕は愛液と唾液で濡れまくりぐちょぐちょになった膣口に、先走りをあふれさせているチンポ汁

をこすりつける。。そしてゴムなしのまま…俺様の生ちんぽをあてがってやる!

ぐぐっと押し込みねじりこんでやった。

 

 

自分からすすんでぱっくり股を開くかなこ…ぼくはちんぽこがおまんこにぐいぐい入っては戻されの少しせまい窮屈な

おまんこの感触を堪能する。
「ああ…大きいのが…どんどん…いい…。」
指でいじるのを忘れてしまった。それでもおまんこはびっしょり…

ちんぽによって広げられたおまんこから怒涛の如く…滝のように愛液が…すごい。

めりめりというちんぽこ…気持ち良すぎる。
未熟なおまんこよりやっぱ熟したじゅくじゅくの熟女のおまっこだね。

若い子にはないその気持ちよさはくせになりそうだ。

その感覚は、麻薬にも似た快感かもしれないくらい気持ちいい。Hの気持ちよさではかなこが一番。

熟女なかなこに出会ってもうほかの快感にはかなわない。
僕ににとって彼女はもはや天使。その天使の狭い秘肉を押し広げる気持ちよさは何とも言えない。

独特なかなこのおまんこの奥…。
ちんぽこの全部がおまんこに入ったときには、この世のものとは思えない気持ちよさ、満足感につつまれた。
この感覚は風俗ではとても味わえないね。やっぱ僕らは愛し合ってるから…だからもう風俗には興味なし。

セックスに飢えているかなこ…熟れた女のおまんこはなにものにもかえられない贅沢な一品だな。

じらしまくって待ち焦がれられた俺のでっかいオスの肉棒を何度も出し入れこきざみに挿入する。
商売女などとは比較にならないかなこのおまんこは神おまんこ。
熱い…狭い…かなこのおまんこは、愛液でちんぽを優しくねっとりと包み込む。

まとわりついてはなれないコバンザメか。
ぼくの我慢汁…一滴残らず…吸いつくされてから…まるでまだ射精していないザーメンを絞りつくすように、うごめく…うごめく。

ゆっくりと腰ふり…だんだん早く…強弱をつけて動かす…すると、もうかなこの表情は鬼の形相…

少し怖いくらい…無意識だろうがかなこの方が強く、そして激しく腰を動かし始める。

「あっ…ああ…すご すぎ…いいもうだめ…いくかも…やめないで…もっと早く…いきそう。」

快楽の嵐とはまさにこのことか…ぼくたん以上にかなこは気持ちいのかもしれない。

嬉しい。かなこをいかしたい。

かなこが「イっちゃう」というまではこっちが昇天するわけにはいかない。ガンバだw

かなこのいきそうな…いくときのおまんこのしめつけには、いつも耐えない…我慢できない

。いつも自分がふがいないのを悩む…でも耐え切れずに射精してしまうのは彼女に申し訳ない。

今回こそは、まだ出したくない。出せない…。結果はどうだっただろう。気持ち良すぎて今回も何日も貯め込んだ

ザーメンは大爆発。たんまり大量なザーメンは匂いもすごい…彼女にいつも嫌われないかとひやひや…。

まだどくどくいってる…気持ちよかったよといってくれるかなこ…天使だ。

次回に会えるその日まで…ヤりだめをしまくってから別れたあとは、帰った後はかなり寂しい、空しい。そして愛おしい。

しかし次回もかなこを満足させたいし、なによりも愛しているからこそかなこを毎日、恋焦がれて想い続け…セックスイメージトレーニングの特訓だ。かなことの情事の録画ビデオ…それをおかずにしながらのオナニーに励むぼくたんなのだ…なぜならそれが

僕のかなこに対する愛なのだ…愛情なのだから。

関連キーワード
  • YYCは、出会い系最強かもしれない!?放置アカウントからまさかの体験談!
  • 【長文注意】YYCで出会った美人妻との体験談を聞いてください!
  • YYCで出会った和服の美人妻が変態すぎてマジで困惑中!
  • YYCで出会った淫乱人妻との秘密の時間!まさかの展開に…
  • YYCとか胡散臭い!でも、リアルに出会えてしまった体験談!
  • YYCで捕まえた女性と3P!僕と従兄弟の秘密の体験談暴露します!
おすすめの記事