数ある出会い系の中でも優良といわれるYYCを利用して、やっとのことで出会えたヒカルはおいらにはもったいない位のかわいこちゃんだ。

辺境の地への転勤でへこんでいた時だ。

知り合いが全くいない地方で寂しさしかなかった。

毎日、休日はほぼごろ寝ばかりでした。

日々に嫌気がさしていた。

耐えられず、出会いの掲示板にお試しで書き込んではみた…しかし世の中そんなに甘くない

募集しても書き込みに返信しても、一通もメールがこない日々、そして、どんどん新しいライバルの登場!

最新の書き込みにおいらの書き込みなんか一瞬にして埋もれていってしまう。

あきらめかけたそんなときに、救いの天使?ヒカルちゃんからのメールが届いたんだよな。

おいらは学生時代には今でいうアオハル、青春なんかなかった。あったのは片思い位だ。

だからそんな時以来のときめきを感じたんだ。もうときめきメモリアルだよ。

ゲームではうまくいったけど…ゲームのようにはうまくいかない…それでもなんとかメールを交換できたんだ。

その日々からおいらのつまらない人生に少し光が差した気がした。

毎日、ヒカルちゃんからのメールが届いているか気になる日々…

仕事のメールよりも気になる。数時間来ないだけで不安になる。

でもそんなもんもんとした日々でも仕事中もわくわくというかなんか充実、

転勤してから、毎日、家に帰る楽しみができたのだ。

その後、自分ではうまくいきすぎなくらいに順調にメールを続けてもらえた。

そんなこんなで今まで臆病だったおいら…

出会って失望されてしまったら、ひかれてしまったらという不安は全くの杞憂に終わった。

お互いに気に入ってもらえたかは確定はできないが、おいらにとってヒカルちゃんはびっくりするくらいのドストライク!性格も好みだった。

消極的だったおいらにしては、会ったその日のに、交際を決めてしまい、積極的な自分に

びっくりだ。でも誰かほかのやつにヒカルちゃんをとられるわけにはいかない…いやだったのだ。

逃がした魚は大きい、それくらいヒカルは大物。

ヒカルとおいらは休みのたんびにデートした。

メールだけでは中々できないような会話、話さないようにしていた趣味や嗜好を少しづつ

打ち明けた.。漫画きまぐれオレンジロードが大好きとかアニメが好きとかおたくっていうのにもひかれずに

いてくれる優しいヒカルちゃん…。

あっという間に好きになり、おいらはもうヒカルちゃん命、なんとか親密な関係を維持、4度目のデートでようやくHまでにいくことができた。

おいらは一人暮らしのヒカルちゃんの部屋に招かれた。

ラッキーにもヒカルちゃんの手料理をごちそうにもなれた。

ソファーで2人でくつろぎ。

おいらはヒカルの腰に手を回す。

ヒカルがおいらの肩に頭をそっとのせた。

もうこの時点でおいらは心臓バックバック…。

これはチャンスとそのまま、抱き寄せた。

そして熱いキスをした。

最初はふれるだけのフレンチキスから、だんだんと舌を入れ、いつの間にか

ディープキスのべちょべちょのベロチューへ。

お互い口の中をなぞりあう…濃厚なチューをしている頃、もう今日は念願のHまでは決定と確信モード。

首筋を舐め舐め、服を脱がせ、ブラジャーからは結構、豊満なおっぱい。

フォックをはずし、上半身はもうはだかんぼ…

おっぱいがぼてっと飛び出ただけでもうおいらのちんこはびんびんのMAX勃起。

室内灯が明るいから、ヒカルの白い肌がまぶしすぎる。

でかいサイズ と思われる美乳…おいらにとってはちょうどいい巨乳だ…ちょっと垂れた感じがより良い。

ヒカルちゃんは両手でおっぱいを恥ずかしそうに隠している。それがまたいい。

ヒカルが率先して「さぁわたしのベットにいこうよー。」明るくそう言いながら、駆け出しおいらを

引っ張っていくその瞬間…おいらは…僕は、頭がぼーっとしたような感覚と電撃が走ったのだ…それはきっと

積極的な感じがSっぽくまるで僕は…ドMの奴隷のようで…その時、首輪をつけたいなと思ったわけで…。もう

この瞬間からおいらはひかつちゃんから離れられないそんな気がした訳で…w

ベットへと誘れただけでもう犬になりたい…もはやヒカルちゃんのペットになろうとも決めた。

お互い裸になる。

ベットで抱き合うだけで、ごぶさたの人肌には寂しすぎたおいらには心底の癒し…すごくほっとする。

ヒカルのおっぱいはすごくやわらかいよ。

感触も最高。まるで赤ちゃんのようなすべすべ肌、丸みのあるふっくらなラインもきれい。

今まで飢えていたおいら…子犬からオオカミさんになりそう。早く襲いたいという欲望に火が付く。

おいらってどれだけご無沙汰だったのか…もはや10年誰とも?

もう思い出せない位にぬくもりに飢えていたのかな。

情けないと思い知った。

おいらの顔をヒカルの顔にすりあわせるだけでも大満足。

顔中舐めまくりたくなって欲望むき出しに…ヒカルの顔がべちょべちょ…

この変態行為にひかれないかなと心配だ。

よだれまみれのヒカル。もはや子犬のぺろぺろでない…くっさいよだれでヒカルが汚れていく…。

その様子にも大興奮…何度も濃厚ディープキスを繰り返す。

そして、首、鎖骨、おっぱい、乳首までくまなく舐めまくり…

おっぱいを舌と唇で愛撫するも…ヒカルは嫌がるそぶりさえない。嬉しい。

なんて可愛いやつなんだ。

ヒカルの勃起した乳首はしゃぶりやすいしおいしい、口の中でころがしやすいから何分も

夢中に舐め続ける。甘噛みをし出すと

より感じているのかついにヒカルがあえぎ声をあげはじめる。

こらえきれず「あああ…あん…あん…いいよ。」

手のひらでおっぱいを包み込んだ。もみもみするとすごい反発、弾力あるおっぱい感触をこれでもかと堪能

しまくる。

そして股を除き両足をぐいっと大きく広げた。

ヒカルのアソコの匂いが漂う。いい香りだ。

少し汗ばんだちょっとつーんとした匂いにも大興奮。

「あっ、いやだよ…もうエッチー。」

おいらはヒカルの抗議を無視…

今はオオカミさんなのだ。

べろべろとおまんこをひたすら舐める、舐める。

「ああーだめ…まだ・あん…だって・汚いのよ…匂うでしょ…嗅がないでよ。」

シャワーを浴びていなかったなかったおまんこは確かに臭い。

でもこの臭いがいいんだ。女としてのメスのニオイが充満している。そこらへも漂っている。

でもおいらはそれを満喫中。

もはやおいらのちんぽこはびんびんに硬くいきり立っているではないか。

小さな可愛いクリトリスをしゃぶって、舌でなでまわしてやる。

ヒカルちゃんはカラダをのけぞる。感じている証拠だ。

可憐なスタイルだけでなく、感度もバツグン、最高の彼女だ。やっと理想の彼女に巡り合えた。

あふれんばかりの愛液…おまんこのワレメからも蜜がすごい。

指でなぞり、ぐにぐにとやわらかいさわり心地…。ずっといじてちたい。

「ん…んん・あああ…。」

ヒカルがあえぎ声をガマンしようとしてももはや無理、もらしてしまうの防ぐのに精いっぱい…そのけなげなヒカルに

興奮するよ。

だからいじわるして乱暴に舌でおまんこを舐めす、何度もクリトリスを甘噛みし指で軽くひっかくよ うにこすった。

「あっ…ああ…んん…。」

舐めるたびに、にじみでてくる愛液はうまい。

独特の味だけどどこか懐かしい。いつの頃だろうか…初体験のあの日を思い出す。

おまんこの周りが十分に濡れたのかな。

舐めて濡らした中指を膣に入れてみる。

膣内の感触から大丈夫だ。

出会いがあんまりなかったというヒカルの言葉にウソだと思っていたが…体は正直だ。

嬉しい。ヒカルもあんまり経験ないんだ。あんまり汚れていないんだ。

できれば処女であってほしかった。おいらがヒカルちゃんの初めてだったらな。と同時においらの童貞卒業も

ヒカルちゃんなら良かった。このままヒカルと結婚したい。ベットの上での感情だけど

さーほんとそう想える子だよ。

あいちゃんのおまんこ…おいらは中指を入れるのも少しキツいくらいにしまっていた。

愛液のすべりによって、中指をどんどん奥へ奥へと進ませていくではない。

おいらの中指をしめつけているヒカルちゃんのおまんこ…

まるで指を食べられてるような感覚になった。

おいらののちんぽも食べてもらいたい。今入れたら、さぞ気持ちがいいことだろうよ。

その前にあいちゃんを満足させなければ…満足させる前に、おいらだけイってしまいそうだからw

そうならないように、気をつけなくてはいけないな。

でも最も奥を指でいじってると、もう我慢できずに早く入れたいとそればかり考えてしまうんだ。

早く気持ちよくなりたい。はやくオオカミになりたーーい。

中指を引き抜くだけで、ぐちゅぐちょとという音が出る。

おもしろいや。結構、淫乱だな…ヒカルの寝室いっぱいに響かせるなんてさ。

そして引き続き中指を奥に入れると、今度はずちゅっちゅぱ…という音、そして少しだけどおしっこ?

潮吹きおもらしをする。

繰り返してぐちゅっずちゅっという音をたてている。

可愛い顔してえげつない音。

ヒカルのあえぎ声も遠慮できない感じに余裕がないのかはしたないものになっていくよ。ギャップ萌えに萌えーー。

ヒカルがさらに

「あ…いいよ・もっと…お願い…気持ちいいんだよ…ごめん・。」

目をつぶり、快楽を悟られまいと必死に隠しているヒカルちゃんの姿は、かわいらしいし

いやらしすぎる件…誰かに報告したいくらいw。

おいらは指を二本してダブルチョメチョメ攻撃モードに突入!

いくぜーーーやってやるぜーーと念入りにしまりのきっついおまんこをほぐして大工事。

愛液がアナルの方までいってるではないか。もはや垂れ流し状態で

流れていく。

二本の指の出し入りれがだんだんとスムーズになってきたぞ!

今だ、指を三本にして、クリトリスを愛撫する指に集中攻撃だ。

膣壁を傷つけないように細心の注意を払いつつ指を動かす

、痛くないかい?と優しいおいら…

絶妙にクリトリスを刺激…すると、ヒカルの声がせっぱつまったものに…。

「すごいよー… すっごく上手…いいの…イっちゃうの…いっていい?。」

そうヒカルちゃんが言いながら…カラダをそらせる。

その途端、おまんこがきゅっとしまり、おいらの指をしめつけた。

指がおまんこの圧力でちょっと痛いw

愛液まみれになったしわしわでふやけてしまったおいらの指は老人のようw

とにかくおまんこから引き抜くとドバっと白いマンカスと愛液…ちょっと黄色いおしっこも出てた。

「ゴム、あるのかな?おいら…忘れちゃった」と言ってみた。

本当はベタにお財布にお守りがてら1つあるんだけどw

ヒカルちゃんには内緒…。

ヒカルちゃんはのろのろと探し出す。おいらの顔をみて、力なく首を左右に…なんか残念なのかな…ここでやっぱ今日早めようよ…とおあづけだったりしたらどうしようと脳裏によぎる。

しかたない…そうなってはと思い…

おいらのかばんから、用意しておいたゴムを探すふり…出すしかないかと思っていたら、なんと女神のお言葉

「今日は大丈夫だと思うんだな、だ・か・ら~~そのまま入れてみる?いいよーー。」

といわれた。おいらは、すぐさまこのことがくつがえらないように願い…遠慮なしに、膣口にちんぽこをぶち込む。

今日のこの日のために打つべし、打つべしだ。その激しさもあって…

愛撫で愛液まみれのおまんこの入口は広いぜー。

おいらのちんぽこはなんの抵抗もなくスムーズに飲み込まれていくではないか…気持ちよかーーこれが生挿入なんだ。

天にも昇る気分とはこのことか…可愛いヒカルのおまんこの気持ちよさはもはや極楽だ。

この世の快楽とは思えない。

ヒカルちゃんのマンコの生暖かさと柔らかい感触がおいらのチンポをやさしく包み込むぜ。

生だしダイレクトに伝わってきて、くぅーーーっ!の一言。

中出し、生だしでもいいんです。

イくのを我慢できるかな…こらえるのがたいへんだ。

ヒカルちゃんのおまんこは神ってるね~気持ちがいいよー。

ちんぽが奥まで飲み込まれるーー。

一度イった後のおまんこは

ひくひくと次の快楽を待ちかまえているってのは本当だ

と実感したよ。

おいらのちんぽこの動きをうながすように、

ぜん動。

おいらは早漏だけどけっしてこんな初めの方でいっちゃうなんてことはないのだ…

うまい方でもないけどね…だが、これはたったいへん危機的であって末期の状況だ。

お粗末にも今すぐにでもイキそう…。

射精感が収まってほしいが…

じっと待っている止まっている訳にもいかずなわけで…、出そう…

貪欲なヒカルちゃんのおまんこはおいらのちんぽこに絡みつく…吸いついて離れやしないではないか…

快楽をどんどん引き出そうとしてるーー。気持ちいけどちょっとまってーいやんw

すると少しヒカルちゃんが察してくれたのか…

ゆっくりでいいよと…なにこれーー、めっちゃ母性感じる。

これが今はやりのバブいって感じなのか~

おいらよりめっちゃ年下なのに、おいらよりも年上の気遣いのできるやさしさ、まるで聖母なようなまなざし…

母のおっぱいに抱かれているような安心感と心地よさ…とても落ち着く…

こんなやすらぎを与えてくれるヒカルたんと一緒につながってることに感謝で涙が出そうだよー。

そんなこんなでようやくおさまりそうところ…そしておいらの気持ちいい部分から微妙にズラし作戦で、ピストン運動を再開

した。

ヒカルちゃんは相変わらず気持ちよさそうに、あえいでいてくれる。

おいらはヒカルたんがなんとかちんぽこでイってくれたのを確認した。

これでお役御免かなと無理くり自分を納得させ…

気持ちいいように動きまくり…ザーメンが出る直前にヒカルたんのおまんこから引き抜く予定だ。

でもでもそうそう予道理にはいきやしない…やっぱ気持ち良すぎてなのか…

自分の中でどうしても中に出したい願望があってか…間に合わず…どばぁっと大量に出しまくってしまったではないか…

んーもう…やっちまたtな状態だ。

生挿入、ヒカルたんの今日は大丈夫かな発言…でも無許可中出しやっちまったよー。

怒っても当然のヒカル…でも怒った顔も見たいおいら…背徳感と罪悪感と征服感とでいろんな感情で

いっぱいだ。

そんなおいらに対してヒカルたんは…

おいらのすごくくっさいザーメンまみれのち んぽこをしごきながら、それをお口の中に…、熱い熱いよ。

濃い精子を奥まで吸いだし吐き出し…その様は実にエロい、かつ神対応なお掃除フェラに驚愕と嬉しさでいっぱい。

母のようなやさしさと強さと持ちつつ純粋無垢で無邪気で従順な年下の可愛さを持つ子、ヒカルたん…

カラダのスタイルも最高、体の相性もバツグンなんで言うことなしの100点満点な娘…たった数日間のうちにおいらはこういうことを確認して、きっとこいつに赤ちゃんができたら…おいらとの子を産ませたいとどこかで無意識にあって…中出しセックスとなったのかもしれない。結婚できればいいなと思える女性に初めて出会い、できちゃった結婚したかたtのかもしれない。

そんなおいらに対して何の文句も言わず、にっこり気持ち良かったねと言える彼女を俺は…そっと抱きしめた。

そしてその日のうちにプロポーズした。

えっ?結果はどうだったかって…。

今、おいらは2人の子を持ち家事も育児もお仕事もなんでもこなす主夫さ…いつも隣には女神がいる

。今日も二人で家事をしながら…猛烈に幸せな日々を送っている。

関連キーワード
  • YYCは、出会い系最強かもしれない!?放置アカウントからまさかの体験談!
  • 【長文注意】YYCで出会った美人妻との体験談を聞いてください!
  • YYCで出会った和服の美人妻が変態すぎてマジで困惑中!
  • YYCで出会った淫乱人妻との秘密の時間!まさかの展開に…
  • YYCとか胡散臭い!でも、リアルに出会えてしまった体験談!
  • YYCで捕まえた女性と3P!僕と従兄弟の秘密の体験談暴露します!
おすすめの記事