出会い系サイトのYYCで知り合いになった美由紀とは、説明しようのないお付き合いだ。
美由紀はM女性でご主人様がおり、このご主人様とのプレイのひとつとして、オレとエッチさせられているそうだ。
オレとのエッチの際中、デジカメで録画しており、後日ご主人様にプレゼントして、おしおきしていただくらしい。

オレの中ではすごく理解しがたい気分だけれど、美由紀のいやらしく熟れきったボディとナイスな肢体、乱れても更に魅力的な表情、ベテランのフェラチオのやり方とかがとんでもなく良すぎるため、不本意ながらお付き合いしている。
美由紀は、何故か常に和服で待ち合わせ場所にやって来て、オレとラブホの部屋に入ると、自らその和服を脱いで、真っ裸になる。

常に紫のロープで亀甲縛りに拘束されている美由紀のボディーは、卑猥さが際立っていて、何回目にしてもドキドキワクワクする。
美由紀も拘束されたままで和服を羽織って、お出かけするという実態に、すごく興奮するらしくて、マンコを愛液でヌルヌルに濡らしまくっている。

時々、マンコの筋をなぞる様にくくっている紫のロープの下に、バイブがうごめいているということもあったりして、そういった時の美由紀のマンコはビショビショに濡れていてスゴイことになっている。

今回の美由紀は、両方の乳首にちっちゃいクリップとそのクリップを結びつける鎖のようなモノで、乳房をドレスアップしていた。

アナルには、拡張プラグがズッポリ入れられていて、マンコの方には中太のオモチャがセットされていて、歩行している間にオモチャが抜け出てしまうことがないように、ロープでガッチリ支えている。

勿論、マンコからは愛液がダラダラと流れまくっており、美由紀のムッチリとした太ももまで濡らしてしまっている。
美由紀は緋色の和服を脱いでも、白色の足袋は脱がないから、どんどん愛液が溢れ出すと、足袋まで濡らしてしまいそうなぐらいだ。

オレはデジカメで美由紀のストリップを収録していたのですが、美由紀が全裸になったあたりで、オレは美由紀の乳首からクリップを外した。

片手にデジカメを持っているので、片方からしか取り外せずに、外れた片方のクリップが逆の乳首にプラ~ンとぶらさがり、美由紀が喘ぎ声をあげた。

「あぁんっ…。」

オレはゆったりと、もう片方のクリップを乳首から取り去った。
数時間クリップに挟まれていた乳首はピンッ!と勃起していて、ものすごく敏感になっているみたいだ。

硬く硬直した乳首を優しくしゃぶると、

「あはぁん…ぁあん…。」

美由紀が気持ちよさそうに喘ぎ声をあげる。
代わる代わる右と左の乳首を舐め回しても、喘ぎ声だけしか漏らさないから、どうもクリップで乳首は傷ついたりしてはいないようだ。

「美由紀。本日のご要望は?」

とっくにうっとりとした表情でよがっている美由紀に質問してみると、

「オマンコとお尻の穴の両方に、おちんぽを挿入して欲しいんです…。」

と恥ずかしそうにつぶやいた。

お尻の方は綺麗にしてあるし、拡張してありますので、おちんぽが簡単に入れられると思います。」

今日収録している動画をミュートにしたら、とてもじゃないがこんなにエロい事を言っているようには見えないような上品な顔立ちである。

「ほぅー…。んで、マンコとアナルのどちらから最初に入れてほしいんだ?」

オレは、美由紀の乳首を指で触りつつ、美由紀の顔を録画し続ける。

「オマンコのバイブを引き抜いて、お尻の穴に挿入して、オマンコの方におちんぽを入れて欲しいです。」

顔をほんのりピンク色に染めながら、美由紀が言うので、サッとロープを横にスライドして、マンコのバイブを抜き取った。

愛液でグチュグチュになったマンコは、すでにオレのちんぽを受け入れる準備が完全に整っているようだ。
オレはアナルに拡張プラグを入れたままの美由紀のアナルに、バイブを挿入するフリをすると

「あぁんっ…アナルプラグを外してくださらないと…入りません…。」

白色の柔らかいおから、赤い取っ手がくっついたアナル拡張プラグが出ているのは、非現実的で、妙にいやらしい。

「さっきは、そんな事いってなかったなぁ?」

拡張プラグを咥えこんでいる美由紀のアナルをどアップで録画し、愛液まみれになってオモチャでグイグイ広げられているアナルを指でつつく。

「も、申し訳ありません…お願いですから、アナルから拡張プラグを抜いてほしいです。」

最初から無理にぶち込むつもりはないから、無造作にアナル拡張プラグを美由紀のアナルから引き抜いた。
引き抜いた後のアナルに、中くらいのサイズのバイブをズップリとぶち込む。

これほどの太さのバイブがここまで簡単に入るなら、アナルエッチもたやすく出来るだろうと思った。
美由紀をベットに仰向けに寝かせてから、アナルのバイブのスイッチONにし、さらにM字開脚をさせて、アナルやマンコ、おっぱいや快感にヨガりまくっている顔を舐め回すようにビデオ撮影した。

美由紀のご主人様は、この動画を観賞して、ジェラシーとかしないのだろうか?

オレは美由紀のグチュグチュに濡れたのマンコに指を挿入して、出し入れするところも思いっきりデジカメを近づけて撮影した。

愛液が溢れてしたたっている美由紀のマンコはとっくに指一本だけでは満足できないようで、マンコの中には十分なゆとりがある。

「も、もう…オチンポを入れてください。」

美由紀に催促されて、オレはロープを横にスライドして、ガチガチに勃起したちんぽをマンコにぶち込んだ。
アッという間にマンコの奥まで入ったけど、マンコの中に入れてしまいさえすれば、いい感じにちんぽにフィットする少しキツめの名器だ。
ハメ撮りをしつつ、力いっぱいに腰を打ちつけ、気持ちよくなりだしてきたら、マンコの中に思う存分たっぷりと中出しする。
ちんぽをマンコから引き抜いて、マンコからオレの白いザーメンが溢れ出してくるシーンも録画しておく。
まだ、息が荒いままの美由紀に、優しくフェラチオしてもらって、ちんぽを再度ビンビンに勃起させると、今度は、思いっきりアナルにぶち込んだ。

マンコとは比較さえできないくらいキツキツのアナルは、すでに1回射精していると言うのに、ドンドン射精感がこみ上げて来る。
どうも美由紀は、マンコよりアナルエッチで快感を覚えるように調教されているようで、マンコにぶち込まれている時よりも、すっごく悶絶している。

「あぁ…も、もう…イきそうです…イ、イっていいですか?」

美由紀は絶対に、イくときに了承を求める。

「良いよ。イキたいならイケよ。」

より一層、腰をうちつけると、ちんぽが切断されるぐらいアナルがギュゥ~っ!と締め付けてきた。
おもわず、その強烈な快感でアナルの中に、好きなだけどっぷりと二発目のザーメンを吐き出してしまった。
マンコとアナルの両方から、ザーメンを溢れ出させている美由紀を録画しながら、この異様な関係はしばらくの間止められそうにないと思い、オレはため息をついた。

関連キーワード
  • YYCは、出会い系最強かもしれない!?放置アカウントからまさかの体験談!
  • 【長文注意】YYCで出会った美人妻との体験談を聞いてください!
  • YYCで出会った和服の美人妻が変態すぎてマジで困惑中!
  • YYCで出会った淫乱人妻との秘密の時間!まさかの展開に…
  • YYCとか胡散臭い!でも、リアルに出会えてしまった体験談!
  • YYCで捕まえた女性と3P!僕と従兄弟の秘密の体験談暴露します!
おすすめの記事