PCMAXでとうとうゲットしたノリの良さげな女の子と待ち合わせしてみたら、思いっきりギャルだったんですよ。

その上、二人組のギャルです。

あ~、ダメダこりゃ、ラブホテル誘うなんて絶対ムリだなぁと、オレはアッという間にあきらめた。

皆さんもこの状況だったら同じこと思うと思います。

とは言っても、そのまま、自宅に帰って、一人きりでクソ寂しいひとときを過ごすというのもあれだし、このギャル達とエンジョイするというのもそこそこ良いかと考えてなんだかんだ自分にいいきかせて妥協した。

カラオケに足を運んで、ギャルたちが熱唱しているのを聞いていると、なんだかみんな同じ曲に聴こえてしまうわけです。

そんな流行の歌を聴きつつ、注文して出てきた電子レンジで加熱しただけの軽い食事をとる。

ギャルなのですが、二人ともなかなかカワイイ。

積極的な気質だという彩子は、ギャルメイクのせいなのかパッチリとした目をアピールしたようなお化粧をしていて、胸元が開かれて胸の谷間がチラチラと見えるような露出の多いファッションをしている。

 

かなりオープンに浮き出た鎖骨や若々しさいっぱいのムッチリした太腿には、ツイツイ目を釘付けにされてしまうわけですが、スマートな身体のラインであるがおっぱいやおしりは言うほどのボリュームがあるわけではありません。

 

静かな感じの真奈美は、カワイイと言うよりは美人系で、人見知りな性格なのかオレとはこれっぽっちもしゃべらない。

 

オレからすれば真奈美のほうが好みなんですが、自分から何回も話し掛けるといったガッツは皆無なので、ひっそりとみつめる程度にすることした。

 

声がかすれてしまうぐらいに熱唱して満足したらしい彩子は、オレにピッチリとくっ着いて座り込んで、オレの表情をのぞきこんだ。

「お腹一杯になったしぃ~、カラオケも飽きちゃったからさ、ラブホとか行っちゃう?」

無意識に、これ援交の誘いか?って思ったことが顔つきに表れていたらしい。

 

「援交とは違うよ?」

 

って鼻で笑われた。

 

今までの人生でラブホに女の子2人を連れて行くなんて初体験だ。

彩子に加えて、まさか真奈美さえも一緒についてくるとは思っていなかった。

真奈美がバスルームに行き入浴している間ずっと彩子がオレに抱きついて、ジーパンの上からいくらか半勃ち状態のちんぽをまさぐった。

 

「あたし、オヤジが好みなんだよねー。真奈美もアツシさんならOKっていうし。」

そんな状況でオレがオロオロしてるうちに、彩子の手がオレのベルトをはずし、ジーパンを脱がされた。

彩子はウキウキした感じで、オレのパンツを脱がす。オレのちんぽを見て彩子は、

「アツシさんのちんぽってなんだか黒くて年季入ってるって感じだねー。」

っていいながら、優しくちんぽを握ってきた。

オレにピッタリと密着して、キスしつつ、ちんぽを手を使って彩子がゆる~くしごいていく。

彩子のつけているスウィート系のフレグランスの香水がアタマの芯を痺れさせて、オレはおずおずと彩子のスリムな身体に腕をを回した。

「すでにグチョグチョになってるよ?」

イタズラみたいにニヤニヤしつつ、いやらしい汁で濡れてビショビショになった手をオレに見せつける彩子は小悪魔のようで、オレはすぐさまにベットに押し倒したい衝動に駆られた。

 

お風呂に入ってきた真奈美が身体にバスタオルを巻いたというだけの姿で、こちらに歩いて来る。スラ~ッと伸びた美脚に、細くて長い腕、大事なところをスレスレで覆い隠しているバスタオルにときめきます。

「お風呂入ってくるね~。」

彩子はスパッとオレから離れて、オレは勃起したちんぽを丸出しにした状態で、放置プレイされた。

そんなオレの姿を見て真奈美は、クスッという感じでおとなびた笑いをそっと浮かべて、オレをベットに誘ってきた。

 

「先にはじめましょうか~」

 

仰向けにされたオレの上にまたがった真奈美は、オレに自分の身体をあずけるみたいにして、チュウしてきた。

背中に手を回してグッと抱き締めつつ、柔らかく暖かい舌が唇を通り越して口の中でぬちょぬちょと絡めてくる。

ボディーソープの香しさとシャワーをした後の正に【湯上り】という感じの顔と身体の少し湿った感覚ががたまらなくセクシーだ。

 

キスで濡れた唇を舐めつつ、真奈美はオレの悶々とした下半身へと動いた。

 

即座にオレのちんぽは、真奈美の生暖かい口の中へと誘われて包まれた。

入浴してないちんぽは、臭くて汚いというにも拘らず、真奈美はアクティブにねっとりとしたフェラチオをしている。

亀頭の先っちょがのどの奥に届くぐらい奥の方まで咥えられて、ジワリジワリと柔らかい唇の感触が亀頭の先っぽの方に向かっていく。

じれったくなるほどゆったりした動きに、細くて長い指先を使っての刺激が伝わってきて、身体をのけぞりたくなるほど気持ち良い。

ドタバタと足音を立てて、素っ裸の彩子がオレたちがいるベットにダイビングしてきた。

「ずるーい!あたしもフェラチオしたいんだけどぉ~!」

彩子はオレの体にまたがって、真奈美と一緒になってちんぽを取り合うようにWフェラチオしはじめた。

 

ちょっとだけ首をあげるだけでキュッと締まった可愛らしいアナルも毛の薄いサーモンピンクがツヤツヤと程よく濡れたおまんこもあらわだ。

たまらず、オレは彩子のお尻を両手で掴み少し広げるようにして、吸い付くようにおまんこをクンニした。

 

「あぁあんっ!アツシさん、ヤバイ…クンニうますぎ…。」

 

彩子のオマンコのビラビラを内側から外側へ、入り口を舌で前後になぞるように舌で責めまくり、さらに指を挿入してグチャ!グチャ!とおまんこの中を優しく愛撫していると、

 

「あぁん。もうダメ…あ…あたし、我慢できないっ!」

 

彩子がオレの体にしがみついてきた。

 

「それじゃぁ、次は私にもしてね?」

 

まず、彩子が騎乗位でオレのちんぽをおまんこの中に咥え込み、真奈美がオレの顔をまたぐ様に目の前に、おまんこを差し出した。

 

3Pにテンションが高ぶっているのでしょうか、真奈美のおまんこはオレのガチガチに固くなったチンポをフェラチオしただけで、とんでもなくビソビショに濡れている。

 

彩子のおまんこのキュッ!とした程よい締めつけ感をガチガチのちんぽに感じつつ、オレは真奈美のおまんこを一心不乱に舐めまわしてしまった。

「あはぁん…はぅぁ…き…気持ちいいよぉ…。」

真奈美はとろけるような表情でオレの顔を見おろしています。

 

自分のおまんこがクンニされているのを見て、より一層興奮状態の真奈美。

「ね、ねぇ、アツシさんも…動いてぇ…。」

 

彩子が腰を激しく振りつつおねだりをしてくる。

3Pというのはずいぶんハードなプレイだ。

 

オレは勃起したちんぽで彩子のヌルヌルになったおまんこをグチャン!グチャン!と音を立て突き上げながら、真奈美のおまんこを舌で一生懸命舐めまわした。

真奈美は自分自身の指を使ってクリトリスを弄びつつも、オレの顔に濡れたおまんこを押し付けてきます。

 

「はぅあんっ!も、もう…イっちゃぅぅうん!」

 

彩子のおまんこの締めつけがキュゥゥゥっと一段と激しくなり、オレはその感覚にガマン出来ず彩子のおまんこの奥に深く突き上げたところで、うっかり射精してしまったのです。

 

しまった…中出しなんてやるつもりではなかったのに・・・。

 

射精してしまったその後、ハッ!と我に返ったのですが、間髪入れずに真奈美のおまんこが彩子と入れ替わるようにオレのちんぽを咥えてしまいました。

 

真奈美のおまんこの生暖かくて柔らかい肉ヒダがちんぽに吸い付くような締り具合で、オレのちんぽは再びさっきまでの硬さを取り戻した。

「あぁぁん!アツシさんの…ちんぽ、すごく…良いよぉ…。」

結合部をみせつけるみたいに蛙の様に両足を広げ、めちゃくちゃ腰を振りまくりながら、喜んでいる真奈美にみとれているうちに、彩子がオレにピタッと寄り添ってきて、ディープキスをおねだりする。

淫乱絶倫のギャル2人との3Pセックスをして精根尽き果てたオレは、それ以降2、3日ぐらいの間、足と腰がガタガタで苦痛でたまらなかった。

関連キーワード
  • PCMAXで出会ったエロい女とビーチで野外露出エッチ体験談
  • YYCで出会った人妻の性癖が開花!マジでヤバイ!
  • PCMAX体験談!清楚な年上の美人妻がホテルで豹変www
  • PCMAXで出会った人妻が連れてきた人物が…まさかの状況に嬉しい悲鳴
  • PCMAXで出会った美人女教師との体験談!性癖が爆発してヤバイことに…
  • PCMAXで出会った金髪娘との体験談!オ○クの僕がこんな思いして良いのか?
おすすめの記事
YYC口コミ&体験談
YYCで知り合った綾菜とは、二人の欲望のまんまにセックスを堪能する関係だ。 セフレだからこそできる快感だけを追い求めた。 私たちは、普通のセ...
YYC口コミ&体験談
舎弟のタカヒロがYYCで奥様をひっかけたとのことで、待合せ場所についていった。 どっちみち、ただのBBAかブスだと思ったので、のちのちdis...