先日、PCMAXで知り合った綾乃は、ゴスロリスタイルが大好物な可愛らしい女の子であった。

 

ゴスロリスタイルに自分自身を包んだ綾乃は、言うなれば動くキャラクター人形のようで、めちゃくちゃ可愛らしいけれども、それほどセックスのターゲットって感じはしません。

僕は、自分の妹の娯楽に付き合ってやっているつもりで、綾乃とちびっ子デートを何回も続けていた。

ポーカーフェイスで人みしりといった感じの綾乃が時として微笑みをみせたりすると、なんだか妙にうれしくて捕獲した野生動物をやっと手なづけたという様な高揚感があったし。

車でドライブした後に、いつものことながら綾乃の自宅まで送ろうと思ったら…。

 

「なんでさぁ~、達也は私に何もしないの?」

 

と綾乃がおもむろにつぶやいた。

 

「は?え?なにかして欲しかったわけ?」

 

っと、僕がいきなりの問いかけにあわてて答えると

 

「うん。」

 

と、綾乃は、真面目な顔付きで反応する。

 

僕はクルマを停車して、綾乃の柔らかい手をにぎった。

ヒンヤリしていて、小さい綾乃の手はちょっとだけ小刻み震えていて、綾乃の緊張感が伝わってくる。

グゥッ!と綾乃の身体を腕で抱き寄せて、唇をそっと重ねるだけのキスをしました。

ふわっとと良い匂いが僕をうっとりさせて、ファーストキスのトキメキのようなものを思い返した。

 

「ラブホに行く?」

 

と言って、クルマを走らせた俺の心は、ラブホに着くまで、なんだか妙に緊張した。

お風呂に浸かって、バスローブを身にまとった綾乃は、可愛らしい少女みたいで、顔を赤らめているのが何ともたまらなかった。

モジモジとしている綾乃の手を握り、強めにひいて、ふわふわのベットに押し倒し、僕は、綾乃に覆いかぶさった。

キスマークがつかないぐらいに加減して、綾乃の白くて透き通るような首筋に強めのキスをして、鎖骨に沿って舌をはわせた。

 

「綾乃…これ、脱がすよ。」

 

僕は、バスローブを両手で掴んで、一気に広げるように開らいた。

ギュゥ…。とまぶたを閉じて顔を赤くしている綾乃は、緊張感で身体をこわばらせているが全然抵抗しない。

バスローブで、完全に隠されていた綾乃の透き通るように白く、美しい綾乃の裸が僕の真正面に出現した。

人形みたいにボディバランスがいいが、どこか幼さの残るその裸体は、デリケートな感じで、力をいれて触ると壊れてしまいそうだ。

こじんまりとした微乳の先端のピンク色の乳首が、白色の肌にもの凄く映えている。

想像以上にスレンダーなウエストの下のマンコには、毛が生えていないので、幼い子供みたいに思える。

自分で毛を剃ってパイパンにしてるわけじゃないみたいなので、体質的に毛が生えて来ないのだろう。

 

「あのさぁ、今までエッチとかしたことあるの?」

 

スベスベの素肌のさわり心地を愉しむ様に、綾乃の身体を優しくなでまわしながら質問してみると、綾乃は体を震わせながら…。

 

「ないかな…。処女とエッチするとか、重くて嫌?」

 

「イヤってわけじゃないけど、処女じゃたぶん、めっちゃ痛いぞ?」

 

僕は、指先で軽く乳首を撫でながら、綾乃の表情をうかがった。

オナニーとかもしてないみたいだから、綾乃の体は100パーセント未開発の状態なわけだ。

胸は乳首も含めて、愛撫してみてもまるで反応が見られない。

乳首を舐めまわしてみても、くすぐったがるばっかりで、サッパリ効き目がありませんでした。

こうなったら綾乃の真下にしゃがみ込んで、マンコをじっくりとほぐすことに専念するとしよう。

股を大幅に開かせて、丸出しにしたマンコはまだそれほど濡れていない。

唇で軽く挟むように、小陰唇や膣口に刺激を与え、舌先でマンコ全体を舐めまわしてやった。

 

「綾乃、気持ちいい?どお?くすぐったい?」

 

「何だか…変な感触…。」

 

綾乃のリアクションは舌先がクリトリスに触れたと同時に、変化を見せた。

 

「あぁ…そ、そこ…いいかもぉ…。」

 

チロチロと舌先で舐めて入念に濡らした上で、指の腹でそっとクリトリスをこすると、綾乃の喘ぎ声はジワジワとデカくなってきた。

 

「はぅあんっ…はぅイイ…なんか…ぁぁあ!きちゃうぅ…。」

 

綾乃は身体をのけ反らせて、イってしまったみたいだ。

荒い息づかいをしている綾乃がゆったりといるうちに、僕があらかじめしゃぶってよだれを思い切りつけた中指を綾乃のマンコに緩やかに挿入した。

キツい…指一本挿入するのも、相当キツい。

指先に抵抗感があったから、これこそが処女膜というヤツかも知れない。

指で突き破るのは勿体ない感じもするが、突然ちんぽを入れたら、痛みが強すぎてセックス恐怖症になりかねない。

グイッと指先に力を入れて、マンコの奥の方まで指を押し込んだ。

集中して指でマンコを拡げて、どうにか指を二本入れることができるようになったところで、クリを舌で舐めた。

マンコの中が指をキュゥ~ッと締め付けてきて、すごく感じているというのが伝わってくる。

 

「あぁ…前より、かなり…気持ちいい…よぉ…。」

 

マンコから指を抜いたら、紅い血液がついていた。

ちんぽをマンコにあてがって、ジリジリとマンコに挿入する。

 

「あぁ…ダメ…や、やっぱり…ダメ…今日はやめよう?」

 

亀頭がマンコに入っている状態で、いまさらやめられるはずがない。

 

「…ゴメン。もう、ムリだわ。」

 

さらに、ぐぐっとちんぽを奥に入れると、綾乃が悲鳴をあげた。

 

「ダメ…ぃ…痛いよぁ…大きすぎる…ムリだってば…。」

 

後ずさりしようとする綾乃の腰をガッチリつかまえて、力任せにちんぽを入れ続ける。

陵辱する考えなんてなかったものの、最終的に、陵辱になってしまった。

僕はマンコにちんぽを挿入しかけてからやめられるほど、理性が強くない。

クスン…クスン…と泣き声をあげている綾乃に、罪の意識を感じたけれども、むしろ、めちゃくちゃ興奮してしまいました。

 

「痛い…おまんこ裂けちゃうよ…。」

 

綾乃の頬を涙が伝って流れていく。

勃起したちんぽをガッツリと根元まで挿入した僕は、舌先で綾乃の涙を舐め拭った。

 

「ゴメンヨ…男は途中でストップできないんだよ。」

 

この状態で陵辱で終了してしまうのは、後味が悪すぎるので、僕は腰を振りたい衝動を必死で耐えた。

めちゃくちゃ動かしたい感情を耐え忍んで、ゆっくり、じりじりとちんぽを動かしたが、綾乃は痛がるばっかりで、まるで気持ちよくなることはなかった。

諦めてマンコからちんぽを引き抜いて、自分で手コキしてティッシュに射精してから、僕は血をにじませている綾乃のマンコを眺めた。

もう少し急がないでに日にち費やして綾乃の身体を開発してやれば、陵辱みたいな初体験をさせずに済んだのかも…。

 

そして、その日で綾乃との関係は終了してしまった。

 

処女とのエッチはもう経験したくない。そう思った。

関連キーワード
  • PCMAXで出会ったエロい女とビーチで野外露出エッチ体験談
  • YYCで出会った人妻の性癖が開花!マジでヤバイ!
  • PCMAX体験談!清楚な年上の美人妻がホテルで豹変www
  • PCMAXで出会った人妻が連れてきた人物が…まさかの状況に嬉しい悲鳴
  • PCMAXで出会った美人女教師との体験談!性癖が爆発してヤバイことに…
  • PCMAXで出会った金髪娘との体験談!オ○クの僕がこんな思いして良いのか?
おすすめの記事