PCMAXで巡り合った女の子みたいに若い麻美とラブホに行くことがこの頃のオレの娯楽だ。

麻美は背が小さくてスリムな体型をしてて、オレの子供と言い切っても誰一人として不思議に思わないほど若々しい。

素直で愛嬌のある麻美は、本気で理想的な娘ってな感じで、女児に恵まれていなかったオレは、こういう娘がいればなぁと、うっとりとしてしまう。

そこそこ高価な商品でもおねだりされると、ほいほい購入してしまいそうだけど、麻美がおねだりするものは、いつも可愛らしい小物がほとんどだ。

一緒にシャワーを浴びて欲しい、または髪の毛をシャンプーして欲しいだとか。

どうにも麻美はオレにお父さんを重ねているようだ。

オレはちっちゃい娘をチヤホヤするように、麻美をかわいがっていたのです。

まぁ~一般的には、小さな娘とはエッチする事などないが…。

今日もラブホの広さがあるバスルームで、麻美と一緒にシャワーを浴びる。

入浴剤でモコモコに泡立ったバスタブのお湯は麻美のキレイな微乳を覆い隠しているが、見えるようでみえ無いというもどかしさがオレをかえって熱くさせる。

ツルツルで、スベスベの麻美の白色の肌。

まだ、成熟しきっていないような、その麻美のういういしい裸体。

年齢的には大人になっているというのに、成育が遅くなった感じであるのは性経験が未熟だからかも知れない。

麻美はバージンじゃなかったが、2~3回しかエッチの経験が無かった。

オレに巡り合うまでは、エッチは痛みを伴うだけの苦しいものだと思っていたとのこと。

いまだに開発されていない若々しいボディを徐々にオレ好みに馴染ませていくっていうのは、超豪華な悦びでした。

生まれて初めてフェラをする可愛い唇に、オレの勃起したチ○ポを咥えさせて、ちっちゃい舌をつかわせたときには、快感と気持ち良さで体が震えた。

 

いつまでも無邪気にオレに身体を預けてくる麻美の身も心も、全てがオレの物。

オレの手の平にすっぽりと納まってしまう微乳も、愛撫してやればすぐ、ピンピンに勃起するピンク色の乳首も、うっすらとした陰毛に隠れたマ○コも、オレが念入りに開発して、快感を教え込んだのだ。

オレの手の平で優しく麻美の肌をなでるだけで、麻美のマ○コはもうすぐ与えられる快楽を待ち望んで、愛液をダラダラとたれ流しはじめる。

左右の手で麻美の微乳とマ○コを優しく愛撫したその後、麻美がのぼせそうなので、バスタブの縁に腰かけた。

麻美はオレの膝の間にしゃがみ込んで、オレの軽く勃起したチ○ポに顔を近づける。

チ○ポの付け根を双方の手で支えて、ちっちゃい唇でオレのチ○ポをパクッ!っとくわえ込む麻美は、すごく嬉しそうで、オレの表情を上目づかいで見ている。

オレが快感で眉をしかめると、どんどん勢いを増してフェラチオをやってくれる。

いじらしいと言うよりは、いとおしいと言うか、それのみで心がいっぱいとなってしまう。

麻美のちっちゃい口には、オレのチ○ポは大きすぎて収まりきらないのだが、

全力で奥まで咥え込もうとチャレンジするが、亀頭がのどの奥にぶつかって涙ぐんだ目になっている。

オレは麻美の頭をぽんぽんとなでて、体勢を交換した。

 

「上手にフェラチオできなくなって、ほんとにごめんなさい…。」

 

涙目のまま、気落ちしている麻美はオレの手でもって足を横に開かれて、マ○コに直にシャワーをかけられると、あわてて両足を閉じようとした。

 

「フェラチオ、かなり上達していたよ。ほら、足を開けて。マ○コ、ちゃんと洗えないでしょう?」

 

麻美のカワイイマ○コを指先で優しくなぞっていたら、オレ自身の指がすごく太くてたくましいものに感じて仕方がない。

マ○コの中に中指の先を優しくあてがいつつ、ジワリジワリと奥の方まで挿入すると、小さいマ○コはすでに一杯一杯になっている。

 

「自分でクリ、いじってオナってごらん。」

 

オレは麻美にクリのオナニーを教えこんだ。

オレに逢えない時には、自らこっそりとオナニーしているそうだ。

始めはぎこちなかった指使いも、完全に手馴れたみたいに、自身のクリを上手に責めています。

 

「マ○コの奥から愛液がダラダラと溢れてきたよ。気持ちいいかな?」

 

麻美は潤んだ瞳でオレの表情をみつめながらも、クリを愛撫している。

マ○コの中がキュゥゥ~ッ!とオレの中指を締めつけてきて、オレが指を前後させるのを求めている。

愛液のすべりを利用して、中指を前後に出し入れしながら、オレは麻美の足の指にしゃぶりついた。

 

「ぃやああんっ!はぅんやだ…汚いよ…ダメェ…。」

 

オレにしゃぶられている生足の指をびっくりした顔付きで凝視している麻美にみせつける感じで、いやらしく足の指をしゃぶりついてみせた。

麻美は抵抗しつつも、興奮したらしく、愛液がドロドロにあふれ始めた。

 

「素敵な麻美の身体に汚れている場所はないはずさ。次はおしりの穴を舐めてあげるよ。」

 

バスルームの壁に両手をピタッとつかせた体勢でツルンとした白く透き通る様なおしりを両手で掴んで開く。

 

「もう少し足を開かないと、きちんと舐められないじゃないか。」

「はぅ…いやん…は、恥ずかしいよぉ…。」

 

麻美は恥ずかしがりつつも、オレの指示に言われるがままに足を開く。

見事なピンク色のアナルも愛液が溢れ出ているマ○コも、丸出しになった。

アナルの細かいしわの一本一本を広げるみたいに、舌先で優しく舐める。

 

「ぃやぁん…お、お願いぃ…はぅ…も、もう…。」

 

マ○コに溢れ出ている愛液をアナルに持って来るように、マ○コからアナルまで何回も舐めつづけた。

 

「あはん…はぅぅあん…ああぁぁっ…。」

 

指先でクリに刺激をあたえつつ、クンニしてやったら、麻美はその快感に喘ぎ声をあげ始めた。

愛液と唾液でしっかりと濡れたアナルに、中指を挿入すると、麻美は身体をのけぞらせながら、悲鳴をあげた。

 

「ああぁぁんっ!そ、そんな…ところ…指入れちゃダメ…。」

 

逆の手の中指をマ○コの中に挿入すると、やわらかい肉の壁ごしに指の手触りがよく確認できる。

やがてこの可愛い麻美のアナルも開発して、アナルエッチも楽しめるように教え込んであげよう。

オレは麻美のアナルとマ○コの中から中指を引き抜き、完全にぬるくなってしまったバスタブに浸かった。

 

「マ○コにチ○ポを挿入したかったら、自分で入れてみなさい。」

 

ガチガチに勃起したチ○ポを両手を使って支えつつ助言すると、麻美はすんなりとオレの脚の上にまたがって、ゆっくりと腰を落としてマ○コにチ○ポを入れた。

まだ入れる時には少し痛みがあるらしくて、少し苦しそうな表情を見せているのだが、緩やかに出し入れをしている内に、気持ち良さそうな表情と化す。

水中でのエッチは、快感が優しく感じて普段より長い時間楽しめそうである。

オレは麻美の身体を優しく抱きしめて、チ○ポで下からマ○コの奥を快感に取り付かれるように突き上げながら、まったりとしたエッチを楽しんだ。

 

 

関連キーワード
  • PCMAXで出会ったエロい女とビーチで野外露出エッチ体験談
  • YYCで出会った人妻の性癖が開花!マジでヤバイ!
  • PCMAX体験談!清楚な年上の美人妻がホテルで豹変www
  • PCMAXで出会った人妻が連れてきた人物が…まさかの状況に嬉しい悲鳴
  • PCMAXで出会った美人女教師との体験談!性癖が爆発してヤバイことに…
  • PCMAXで出会った金髪娘との体験談!オ○クの僕がこんな思いして良いのか?
おすすめの記事