PCMAXで出会ったメガネ美女がまさかの○○女!念願の女に溺れる僕

メガネ大好き人間の僕は、メガネをかけた年上の女をみたりすると、メチャクチャムラムラしちゃう。

スマートで知的なメガネをかけた美女といつの日かメガネをした状態で、ハメまくりたいということが僕の憧れだった。

しかし、僕のこの夢は、PCMAXで叶える事が出来た。

凄腕のキャリアウーマンなのだという由佳里は、業務が多忙を極め彼氏を作るゆとりがなくて、性欲処理のため、セフレを探し求めていたようだ。

報道キャスターかのような知的な美女で、フレームレスのメガネが似合う思い描いたような理想の美人お姉さんでした。

由佳里の仕事は多忙なので、逢う約束をドタキャンされるケースも頻繁にある。

そうかと思えば、土日祝以外の夜中に突然呼び出しを受けることだってある。

だけど、由佳里とセフレでいられさえすれば、僕はしあわせでした。

セミロングの髪をカチッとまとめて、スーツに袖を通し、メガネをかけている由佳里を見るだけで、僕のちんぽは即座にビンビンに勃起して、襲いかかりたい衝動に駆られてしまいます。

由佳里は僕をじらすみたいに、一枚一枚とじっくりと服を脱ぎ、ハンガーに掛けていく。

僕が特に、萌えちゃう所は、シャツのボタンを全部はずしてブラに包み込まれた美乳をちらつかせて、シャツのすその中から小さいパンティとガーターベルトで吊られたパンストで包まれたたスラッとした美脚が見えている状況だ。

三回に一度くらいは我慢できなくて、そのまま抱きついて、由佳里に叱られたりしている。

由佳里が休みの日の前日に会えた際には、だいたい朝方までハメまくりなのです。

やたらと何回も射精するので、終わりの方はぜんぜん精液がでなくなっちゃう。

今日も朝方までハメまくりコースなので、ず~とオナニーを辛抱していた。

実際にラブホで二人だけになるまでは、もしかしたらドタキャンされるんじゃないかとヒヤヒヤもんだ。

由佳里が上着をハンガーに掛けて、ファスナーをゆっくりとおろしてタイトなスカートを脱いでいるのを僕は洋服を脱ぎながらも、じっくりみつめる。

由佳里のストリップは何回見ても見とれてしまう。

今日のパンティはつやのあるショッキングピンクで、由佳里の白色の肌と黒いパンストに映えている。

ガーターベルトって、どうしてこんなにもエロいのだろう。言わば、パンストをはいたままセックスするために開発されたような下着です。

由佳里がシャツのボタンを外していき、ショッキングピンクのブラジャーと張りのある美乳がみえはじめる。

もうすでに素っ裸になって、ちんぽをギンギンに勃起させている僕は、我慢できずに由佳里に飛びついた。

 

「やぁんっ!もう…タケルはせっかちなんだから。」

 

由佳里のおっぱいをモミながら、キスをせまると、由佳里は苦笑いをしつつ、応じてくれる。

ヌルヌルとしたすけべったらしいキスをやっているだけで、僕のちんぽはより一層充血し、硬さを増していく。

 

「んん…はぅふ…うぅん…はぅぁ…今日もタケルのちんぽ、ビンビンに勃ってるわよ。」

 

メガネをかけた由佳里の顔つきがちょっとエロさを増していて、たまらなく色っぽい。

僕はブラジャーを斜めにズラして、さっそく美乳にご挨拶した。

フカフカのマシュマロのような手触りの美乳はさわってるだけで、僕をリラックスさせてくれる。

キレイなピンク色の乳首にしゃぶりついて、もう一方の乳首を指の腹でやさしく撫でる。

 

「はぅん…ねえ、早く…ほしい…。」

 

由佳里は我慢しきれなくなったのか、自分からパンティを脱ぎ捨てた。

由佳里の足もとにしゃがみ込んで、立ちっぱなしの由佳里のマンコを舌で舐めまわす。

マンコを舐めながらも、由佳里の表情を見上げて確認すると、とろけるような表情で、僕はより一層盛り上がった。

 

「マンコ、かなり濡れてる…。」

 

「タケルに逢うと決まっている日は、一日中オマンコが濡れてしまうのよ。トイレでオマンコをぬぐう度に、愛液がグッチャリとトイレットペーパーについちゃうんだもん。」

「そういうこといわれると、もう我慢できないよ。」

 

僕は由佳里がトイレの中でオナニーしているのを想像してしまって、鼻血を噴きそうになった。

 

「も、もう…クンニはいいから、タケルのオチンポ…い…入れて…。」

 

由佳里は壁に手をついて、丸くてツルンッ!としたお尻を僕に向けた。

僕は直ぐに立ち上がって、ガマン汁でヌルヌルの亀頭をワレメの入り口に押し付けて上下になでる。

 

「ぁあはん…い、いじわるぅ!は、早く…入れてぇ!」

 

こちらを向いておねだりする由佳里の表情が愛くるしくて、僕はガツン!とちんぽをマンコの奥まで挿入した。

 

「はぅあぁぁああんっ!」

 

由佳里が身体をのけ反らせて、大きな喘ぎ声をあげる。

メガネをかけている顔を見ることができない立ちバックはさほど好みではないけど、ひとまず、由佳里の締まったウエストを両手でつかんで、パンッ!パンッ!と腰を打ち付ける。

 

「はぅ…これぇ…ビンビンで太いタケルのオチンポが…は、ほしかったのぉ…。」

 

僕がバックからズンッ!ズンッ!と突き上げる度に、由佳里は、大きな喘ぎ声を出しながら、体を小刻みに震わせた。

由佳里の息が荒くなってきたところで、僕は一度おまんこからちんぽを抜いた。

 

「だめぇ!な、なんで…抜いちゃうのぉ?」

 

感じまくって真っ赤になった表情で、不満足そうに僕を振り返った由佳里の表情を眺めたいからだ。

そっくりそのまま由佳里を抱きかかえてベットに連れて行って、次は正常位でガチガチに硬くなったチンポを再び挿入する。

 

「あはぁぁぁぅんんっ!」

 

由佳里が大きな喘ぎ声を上げながら僕にしっかりとしがみついてくる。

 

「はぅんイイっ!タケルの…オチンポ、す、すごくイイよぉぉ!」

 

パンストをはいたままの両脚をゆっくりと持ち上げて、僕の肩の上にのせて、マンコの奥を激しく突いてあげると、由佳里はすぐさまイきそうになります。

 

「マンコの奥をチンポで突かれながら、クリを撫でられるの、由佳里は大好きだよねぇ。」

 

僕は指先でクリを弄びながら、勃起した乳首に軽く吸い付いた…。

 

「だめぇぇっ!イックッ!イ…イっちゃうぅぅ!」

 

由佳里のマンコがキュゥッ!と僕のチンポを締め付ける。

メガネの下の瞳がかすかに涙を浮かべる。

1回由佳里がイったところで、僕は脚の角度を変えながら、何回も何回もちんぽで由佳里のマンコを突き続ける。

射精したい感覚をグッ!とこらえながらも、僕は由佳里のいやらしいイキ顔を目に焼き付けた。

 

 

関連キーワード
  • PCMAXで出会ったエロい女とビーチで野外露出エッチ体験談
  • YYCで出会った人妻の性癖が開花!マジでヤバイ!
  • PCMAX体験談!清楚な年上の美人妻がホテルで豹変www
  • PCMAXで出会った人妻が連れてきた人物が…まさかの状況に嬉しい悲鳴
  • PCMAXで出会った美人女教師との体験談!性癖が爆発してヤバイことに…
  • PCMAXで出会った金髪娘との体験談!オ○クの僕がこんな思いして良いのか?
おすすめの記事
YYC口コミ&体験談
舎弟のタカヒロがYYCで奥様をひっかけたとのことで、待合せ場所についていった。 どっちみち、ただのBBAかブスだと思ったので、のちのちdis...