PCMAXで出会っためっちゃ可愛いナース!しかも、とんでもない○○だったwww

大学生していたオレは、この日もPCMAXで、出会える女子を捜し回ってた。
出会えるってゆーか、すぐにヤれる女の子ね。

持て余している間に時間を有効活用して、とことん数打つ。

親指に痛みが生じるほど、メールを送信、メールを送信。メッセージの内容は大概コピペ。

だけども、ある程度成果が出るもので。まぁ、顔を合わせる約束はしたんだけど、こっそりとのぞいて、シカトということも多いんだけどね。

オレ、太っている女とブスは本当にNGなんだわ。

なので、写メってシステムを考えた人には、メチャクチャ感謝してる。

オレの写メを送信したタイミングで、メッセージが一切返ってこなくなるケースもあるんだけどさ。

正直、真正面から拒否られるよりも、ずいぶんましだよね。約束がとれた浩美と待ち合わせたのは、火曜日の夜だったと思うんだよね。

やっぱり、週末が激アツだから、月~木曜日はそこまで力を注ぎ込んでいなかったのだが。

かえって、平日のみしか仕事を休めない女の子なんかもいるようで、ショップ店員や美容師とか、釣れたら超大物ってケースが多くある。

マジで付き合うわけではないから、スッピンブスでも、化粧と洋服でオシャレな感じにみえていたら、別にOKだしさ。

で、浩美はナースでした。

ナースって言えば、スッチーと並んで、男子の大好きな職業じゃないか。

ワクワクしながら、待合せ場所に足を延ばしたら、写メよりずいぶんと、可愛らしい女の子が立ってんの!

やべぇ~!、オレ、今日は、マジで、ツイきまくってる!ってハイテンションになりながら、呼び掛けて、ラブホに直行した。

平日の夜は、ラブホもかなり空いてて、すぐに入室できた。

いくらなんでも、すぐにフェラというわけにはいかないので、フロに入ってからベットでねっとりとフェラしてくれた。

馴れた感じのフェラで、手の平と口でシコシコとギンギンのちんぽをしごかれると、すごく気持ちがいい。

だけど、折角ナースとエッチしているのに、裸でいると、ナースとしてるっていう実感があまりないんだよね。

だからといって、ここのラブホにはコスプレの貸し出しサービスはないしさぁ。

しょうがないから、仕事してるのときの言い方で、言葉責めするようにお願いしてみた。

 

浩美

「ここまでちんぽをガチガチに硬くさせてぇ、もぅ…溜めすぎですよぉ。」

 

浩美はナースの言い回しで話しながら、オレのタマタマを優しく揉みほぐした。

なんだか、今までなかった快感だなぁ…。

タマタマを優しく揉みほぐされながらも、片手を使ってシコシコとチンポをしごかれているうちに、エロいことをやっているというより、医療の一環ってな感じがしてきてしまう。

 

浩美

「カウパーがたくさん垂れてきますね~。普段からオナニーはどれくらいしていますかぁ?」

 

浩美は亀頭にやわらかい唇を押し付けて、チュゥッ!とガマン汁を吸って、舌先でペロッ!とカリ首を舐め上げた。

 

「ぅん…3日に1度ぐらい…かもね。」

 

両方の手でちんぽを優しくしごかれると、たまらず発射してしまいそうになる。

うぉやべぇ…。なんかオレ、今日早くない?

 

浩美

「ケンジさんの年代を考えると、オナニーの回数が少ないですよぉ。」

 

一回射精させてしまうと、もう勃たなくなると思われたのか、浩美はフェラをやめてしまった。

 

浩美

「次は、私を感じさせてね。」

 

オレは浩美をベットの上に押し倒して、美味しそうな美乳にしゃぶりついた。

ギンギンに硬くなったちんぽを浩美のツルツルの太腿にこすりつけつつも、やわらかくて暖かい乳ぶさを揉み、ピンッと立った乳首を吸う。

 

浩美

「はぅん…は…早く…おまんこいじってぇ…。」

 

浩美はおっぱいより、マンコを愛撫して貰いたかったらしい。

遠慮することなく両足を大きく開いてみると、浩美のマンコからは愛液がたっぷり溢れ出ていた。

舌先で溢れる愛液をすくい取る感じに、ペロペロと舐めあげてやる。

 

「ナースさん、もしかしてエッチ大好きなの?」

 

クリを舌先で強く弄びながら、マンコの中に指を挿入する。

 

浩美

「ぁはぅぅ~好きぃ…セックス大好きぃ…。」

 

浩美はとろけるような表情で目をつぶりつつ、いやらしい言葉を平気でいっている。

 

「ナースさんは、どういう風にされるのが何よりも、感じるの?」

 

指の腹でマンコの中をまさぐるように愛撫をしながら、浩美に質問してみると、予期しない答えが返ってきたのです。

 

浩美

「オシッコしてる所をみられるのが興奮するの…。」

 

突然の放尿プレイかよ…正直なところ、浩美がどんだけ可愛らしいナースでも、少し引いた。

だけど、女の人が小便しているとこをみるのも良いかと思って、浩美をお風呂に連れていった。

バスタブに向けて、背後から抱き上げてM字開脚状態させて、

 

「小便しろよ!放尿見られて感じちゃう変態ナースなんだろ?」

 

と言ったら、浩美はシャァァァァ!って、本気で放尿したわけです。

でも、放尿を見ていたら、なんだかメッチャ興奮してきて、オレは小便が終了してないというのに、マンコに興奮して硬くなったちんぽを思いっきり突っ込んだ。

オレの足を伝わって小便がたれてくることも気にせずに、背後からパンッ!パンッ!とマンコを突く。

 

浩美

「はぅぅ…ウソ…ぃいい!…オシッコ出しながら…ちんぽ入るのかなりイイ…。」

 

気付かぬうちに、浩美の小便は終わっていたけれど、ちんぽを動かすのに熱中して気がつかなかった。

遠慮せずのぼりつめて、浩美のマンコに中出ししたら、中出しした精液がマンコからトロトロ…と流れ出てきて、浩美のマンコは小便とザーメンでとんでもないことになっていた。

そして、そのまま二人一緒にシャワーを浴びて、次はバックでもう一度ハメまくった。

オレは、後ろから浩美の両手を握りしめて、お尻にぶつける感じにパンッパンッ!と勃起したチンポで突きまくっていたら、浩美がどんどん喘ぎ声をあげる。

バスルームにいやらしい声が響きわたって、もの凄くエッチな感じでした。

片足をバスタブの縁にのせさせたり、オレが抱え上げたりして、マンコにチンポがあたるアングルを変化させつつ、バックの快感を堪能した。

2回目だったオレは、そう簡単には発射できなかったので、浩美はイキまくりすぎてフラフラになっていた。

放尿&挿入プレイがかなり気に入ったっぽい浩美は、オレとセフレになって、休日の度にオレを呼び出してきた。

 

ホント、オレが浩美に性病をうつしてしまうまでは、本当にいいセフレ関係だったなぁ。

 

 

関連キーワード
  • PCMAXで出会ったエロい女とビーチで野外露出エッチ体験談
  • YYCで出会った人妻の性癖が開花!マジでヤバイ!
  • PCMAX体験談!清楚な年上の美人妻がホテルで豹変www
  • PCMAXで出会った人妻が連れてきた人物が…まさかの状況に嬉しい悲鳴
  • PCMAXで出会った美人女教師との体験談!性癖が爆発してヤバイことに…
  • PCMAXで出会った金髪娘との体験談!オ○クの僕がこんな思いして良いのか?
おすすめの記事
YYC口コミ&体験談
YYCで知り合った綾菜とは、二人の欲望のまんまにセックスを堪能する関係だ。 セフレだからこそできる快感だけを追い求めた。 私たちは、普通のセ...
YYC口コミ&体験談
舎弟のタカヒロがYYCで奥様をひっかけたとのことで、待合せ場所についていった。 どっちみち、ただのBBAかブスだと思ったので、のちのちdis...