涙腺崩壊!PCMAXで始まった純愛ラブストーリー

その当時の自分はは18の高校3年になってすぐのころ、セックスどころではなくキスさえもしてみた事すらなかった。

当時の仲間から外見はそれなりに良い感じとは思われるものの、 言ってみればアジア系とか中東系のコッテリな顔つきであったのが劣等感でいっぱいで、 自分自身に恋人とかできるはずなかったですしそんな思いから自暴自棄に変わっていき、 その頃ブームになり初めていたPCMAXにとうとう手を伸ばしてしまった。

そこのサイトは、サイト利用無料なものですから、 ちょっとした遊び心で水面下で利用する中高生が沢山いたので、 手始めに、 おんなじエリアに住む一個年上の女性の人にメル友になってみませんか?とお誘いのメッセージを送ってみたんです。

メッセージを送ったその返事を見てみると自分が通っている高校の補習課(つまり大学受験の浪人生などのために設けてある学習施設)の利用者だと判明して、実際にリアルで顔合わせしてみる事になったのだ。 映画部という通常は活動のない形だけの部に入っていた自分は平日の放課後だったんですが、 意外と間をおかずその年上の女性 と実際に会うことができました。

その年上の女性は自分でも初めてみると言うよりは、 通常通りに学校生活を送っていたら間違いなく接点すらあるわけないと感じてしまうぐらい、 ちょっぴりナチュラルメイクをした清潔感のある可愛い女性でした。

その際、自分は初めてその女性に自己紹介をした。 その女性は加奈子さんという名の女性でした。

正直、これほどまでの美人なお姉さんと出会えるとは想像しなかったが、PCMAXで知り合いになったというような若干後ろめたさを感じるシチュエーションだからなのか、自分は、普段の自分からは想像もできないぐらい話しかけまくった!

職場の目の前でこのままトークするのもなんなのでと、自分は映画部の部室に加奈子さんを案内していって、これからの進学の事や学校の友達関係、自分の家族構成など事についていろいろと会話しました。

驚くことに、自分とその女性は、年齢が一個違いという事実を除いては、家族の構成も家族の歳も完璧に同じだったのです。

そういった会話をしてる間に話が恋愛の内容になっていった。

 

加奈子さんから「陽介君(自分の事)は付き合ってる子とかいないの?」と言われたので、「もし、付き合ってる子がいたら、こんなしょうもないPCMAXなんて登録してませんてww」と話した。

 

すると加奈子さんは、やたらにこのコメントに飛びつき「こんなしょうもないって~?!

陽介君~君は下心が見え見えだぞ~(笑)」みたいなそんな感じのことを言ってきたんです。

 

正直そんな感じの受け取られ方をされるとは想像してなかったけど、この状態のままでいやらしい感じの話題にうまいこともっていくことが出きれば…絶対にH系のイベントに突入するはず!

 

・・・とかと童貞ながらもインスピレーションを感じた自分は 「そんなこと言ったってPCMAXで出合った男女がこの密室で2人っきりっすよ?不安感とかそういうの感じないんすか?」と言ったんです。

 

そうすると加奈子さんは 「陽介君がこの部室に案内してきた時から私は、覚悟できてたんだよ?」的なことを言って来るんですよ。

 

突然のコメントに、100パーセント脳みそがマジで混乱してしまってたんで、 ほとんど覚えてないんですけど確か 「マジすか? マジでやっちゃいますよ?」

 

なんて、相当テンパった事を言ってたと思いますorz 。その自分の発言を聞いた加奈子さんが爆笑しはじめたので「マジかよ。先走った・・・」といろいろ思ってマジでしょぼくれてしまいました。

 

そんなやり取りの後、お互いそれぞれの今までの恋愛経験談などでソコソコ話は盛り上がるんですが、自分が俗に言うお預けってやつをされているような感じで、内心はいまいち会話にテンションが上がりきれずでした。

 

そうは言ってもそれなりに好意を持たれた感じで、一週間に一度ぐらいの間隔で学校が終わった放課後の時間に会って話をする間柄に発展して、いつの間にやら彼女のことが頭から離れられなくなっていった。

 

そんなこんなで文化祭最終日の後夜祭で、むこうは年上のお姉さんなわけですから、もし告白して振られたとしても当たり前の事なんだと自分自身に言い聞かせ、PCMAXで出会ってから、まだ二ヶ月そこそこの間柄ではありましたが、もう玉砕の心構えで彼女に自分の胸のうちを明かし…告白した。

 

した途端に加奈子さんは突然うな垂れて沈黙してしまったんです。 どれだけ時間が過ぎたのか覚えていない、この沈黙の時間…。

 

・・・が、やっと口を開いて 「私も陽介の事が好きだよ・・・。 でもさ、私も陽介も大学受験が控えてるんだし、それに私補習課だし・・・。

なんですぐには付き合えない、来年大学合格する時まで待っていてくれる?」 ということだった。

 

今すぐに付き合ったりできないとかいう事よりも、加奈子さんが自分自身の事を好きだったという事実にテンションが上がりまくって気がついたら加奈子さんを強く抱きしめていた。

 

そして、加奈子さんの腕も、強く自分を抱き締めてくれていることを感じた。

俺が「加奈子さんキスして良い?」と聞こうとした僕の唇をふさぐように気がつくと、加奈子さんの唇は、俺の唇を優しく包むように奪っていた。

 

予想だにしない突然の俺のファーストキス体験だったけど。 高まる加奈子さんへの気持ちを抑えきれず、奪われた唇を奪い返すように俺も加奈子さんの唇を奪っていた。

 

幸いにもそこは、スポーツ系などの部活の部室が並んでいるところだったので、後夜祭の真っ最中は誰一人としていませんでした。

そんな訳でキスからこぼれる音が大きくなっても全く気にすらしなかった。 やがて自分達はお互いの気持ちが高ぶってディープキスまでしてしまっていた。

 

だけど、強烈に刺激が大きかったのか、いつもオナニーやったとしても出て来ないカウパー(ガマン汁)が、ダラダラダラと出ているのを感じるぐらいに股間がギンギンに立ちまくっていた。

 

それでもって俺が「エッチしたい!」と言うと、「そこまでしたらきっと陽介も私もお互いに離れられなくなっちゃう・・・だから今は駄目です」と可愛く言った。

 

「だけども一番最初に会ったあの日は・・・エッチとかしたってOKだったんでしょ?」と俺は言った。

「その時は本音を言うとヤリモクだと思ってたから・・・。 今はエッチとかしちゃったら絶対無理だよ。辛すぎるもん・・・」

といったそんな加奈子さんのフレーズが嬉しすぎて俺は加奈子さんを抱きしめながら静かに泣いた。

 

受験の合格発表が終えるまでは、お互いに恋人気分はマジで封印すると心に決めた。

 

俺と加奈子さんは、たまに待ち合わせして受験勉強する事以外はメールとTELのみのお付き合いになった。

 

一次試験で絶対に合格して、1秒でも多く加奈子さんと会える時間を増やせるようにマジで勉強しまくった。

 

本当のところ実は、騙されてるだけという単なるバカ野郎なんじゃないのか?と思っている日のほうが大半だったが、あの時の加奈子さんのセリフを信頼し続けた。

 

そうして、猛勉強の甲斐あってとうとう俺と加奈子さんも大学に合格した。

 

当日の夜にあまり離れていない所にある川のほとりにある長椅子で待ち合わせした。 俺は15分前に行ったが。

そこにはもうすでに加奈子さんが待っていた。

 

俺達はお互いを確認できた後、そこで間髪入れずに抱き締め合って、「もう、これからは好きなだけ抱き合っていられるね!」って泣きながら抱きしめあった。

 

無心でキスばかりしていた。 ディープキスしまくった!

 

そしたら、突然加奈子さんが、「もっと陽介君を感じたい」って言ってきて着ている服ををはだけた。

その時に俺は人生で初めて女性の胸に触った。

 

キスでかなり盛り上がっていたのか、加奈子さんはブラジャーの上からオッパイに触ると、表情をうっとりとさせてマジでメチャクチャ可愛かった。

 

だけど合格発表の夜なわけだから、俺も加奈子さんも自宅で祝ってくれる家族の為に当日はそれのみで別れた。

 

翌日、自分と加奈子は、午前中からデートする事を決めた。そして、この日からお互いを名前で呼ぶことも決めたのだ♪

 

決めた日の夜、自宅には誰もいないとあらかじめ分かっていたので、俺は迷わず加奈子を自宅に招いた。

2人共大好きな映画で「小さな恋のメロディ」を鑑賞して、ソファーの上で抱きしめ会いながら舌を絡ませた。

 

2人共今から何をするべきか勘付いていたので、とりわけ何を言うでも無く、自分から先にバスルームに行った。

バスルームから出て加奈子が来るのをまってる間あらゆる事を心配していた。

 

童貞ごときのこの自分が年上の加奈子を満たすことができるのか・・・?といった様な事を。

だけどそんなものは不必要だった。 バスタオルを体に巻いただけの姿で現れた加奈子を見たとき…。

理性が爆発して、引き寄せて、キスしたりして、ベッドに連れてった。

そうして2人とも、おたがいを舐めまくっていました。 その流れでクンニの姿勢の状態になった。 俺は加奈子から指示されたわけでも無くマンコの周辺、ふともも、中に舌を這わせまくった。

 

加奈子のマンコは非常にキレイで清潔感のあるものだった。

 

本心を言えば、実は現在も加奈子以外のマンコを拝見した事は無いです(笑) 陰毛が小奇麗に整えてあって見とれていたのは記憶してる。

以前にちょっとだけエッチな話題になった際、加奈子はMだというのを聞かされていたもので、

ヌルヌルのマンコの奥深いところに指を挿入して、「気持ちいい?」だの聞きながら

姿勢をチェンジして「顔見せてよ、どんな風にしたら加奈子はもっと感じるの?」等々、振り返ると童貞のだというのにこざかしいなことしてたなぁ。

 

だけどそういったセリフに感じるのはマジだったらしく、「はうんっ!くふぅぅぅぅん!」と表情をしかめながら加奈子はマジで昇天しまった。

加奈子をイかせられたといった充実感や満足感と、このイクときの愛くるしさに辛抱できなくなった。

 

俺はいよいよ、「加奈子・・・入れたい」と聞いた。

加奈子は微笑んで俺を抱きしめて、「陽介と一つになりたよ…」と口にしてくれた。

 

コンドームを財布からだして俺が、「なんだかヤル気満々そうで嫌だなw」ってふざけて言うと加奈子が。

「・・・あたし、告白の後、ずっとマコトに会いたかった。

今すぐに陽介の側に飛んでいって、はしゃいだり一緒になれるんならどれだけ楽になることができるんだろう、嫌な事忘れられるだろうって・・・」と言うと泣き出してしまった。

 

一日前にも大泣きしてた俺はいくらなんでもここで泣いたらヤバいと思ったけど、マジで堪えることができなかった。

再び涙が溢れた。

 

ここで一旦エッチは止めて、抱き締め合いつつもさまざまな会話をした。

加奈子がおんなじ補習課の男に告られたこと、俺がなんども加奈子を疑ってしまった事。

これまでのデートでも話が切れなかった様々な事を話した。

 

しばらくして、一息ついた頃に「・・・だったから、私だって陽介とセックスしたかったんだよ?」というのが引きがねとなり、

再び俺と加奈子はお互いを求めまくった。 コンドームを用意し、俺はこのとき童貞を捨て去った。 本気で嬉しかった。 二人とも笑顔をうかべてセックスしていた。

・・・でもやっぱり童貞です。

しばらくすると、もう、すぐイってしまいました。 そこからもう何をしてたか分からなくなっていた。

 

朝方になって部屋にあったはじめて購入したコンドーム11個はすでに5個しか残っていなかった。

大学は俺が隣りの県、加奈子は同じ県の英文学科のある大学に入学したもので、まぁ遠距離にはなったんだがバイクを走らせれば二時間ぐらいで到着する場所なんで週毎に遊びに行っていた。

 

(当然がっつりとセックスだってした。) 現在はお互い社会人で、加奈子は新人教師さん。

俺は生まれ故郷に戻って仕事につくことができました。

 

そして、もう少しだけ・・・心の準備が済みましたら結婚を考えようかなって気持ちです。

 

 

関連キーワード
  • PCMAXで出会ったエロい女とビーチで野外露出エッチ体験談
  • YYCで出会った人妻の性癖が開花!マジでヤバイ!
  • PCMAX体験談!清楚な年上の美人妻がホテルで豹変www
  • PCMAXで出会った人妻が連れてきた人物が…まさかの状況に嬉しい悲鳴
  • PCMAXで出会った美人女教師との体験談!性癖が爆発してヤバイことに…
  • PCMAXで出会った金髪娘との体験談!オ○クの僕がこんな思いして良いのか?
おすすめの記事