PCMAXで知り合った人妻の美春は、サバサバとしたキャラの美人妻でした。

 

「仕事が忙しい旦那さんに、無理やりエッチをせがむよりも、若々しい男子とあとくされ無くて遊んだほうがお互いのためでしょ。」

 

そういう事を口にして笑っている美春は魅力的だけど、ある程度年上だし、人妻さんだから、オレとしても、セフレとして当分の間遊べれば良いんじゃないかな、くらいに思ってた。

ある時、美春は女友達だという裕子をつれて、ラブホテルにやってきた。

 

「たまには、3Pも良いかな~?と思って。」

 

裕子は可愛らしいタイプののんびりした性格で、癒し系ってな感じだ。

オレはノリノリで洋服を脱ぎ捨てた。オレが素っ裸になったら、美春はオレの両方の手首に拘束具をはめた。

 

「えぇぇ?なんだこれ?なんでこれすんの?」

 

これまで拘束プレイとかやったことなかったオレは、ビックリしてしまった。

 

「人妻二人がかりでかわいがってあげるから、大人しくしててね♪」

 

美春は舌なめずりをしつつ、拘束具を取り付けたオレをベットへ仰向けに寝かせた。

拘束具を引っぱられて、オレの双方の手は頭上に持っていかれる。

そっくりそのまま、ベットの端に固定されてしまい、オレの両手は全く身動きがとれなくなってしまった。

目と鼻の先でさながらストリップっぽく、洋服をいやらしく脱いでいく人妻2人。美春の全裸姿は最近、見慣れてきたが、裕子の全裸には初めてお目にかかるので、めっちゃ興奮してしまった。

ポチャッ♪としたやわらかそうで透き通るような白い肌。

絶妙にくびれていて、出るところは、しっかりと出ている。

全裸姿となった二人は、オレの身体を左右から2人ではさむように添い寝してきて、ペロペロとオレの身体を舐め始めた。

 

「裕子、若々しい男子の裸って、興奮しない?」

 

オレのちっちゃい乳首を舌先で優しく転がしつつ、美春が裕子に問い掛ける。乳首を舐められるとなんだかくすぐったいだけど、少し気持ちいいかも知れない。

オレの首筋をチロチロと舐めていた裕子が少し頬をピンクに染めながら、

 

「ツトムくんって、マッチョでいいカラダしているよねぇ…。」

 

と耳元でささやいた。

舌だけじゃなく、オレの身体に接しているオッパイや二の腕、脚までもが心地良くて、オレは夢心地でポーッとしてしてしまう。

言うまでもなく、ちんぽはもう十分ぎんぎんとなっているし。

 

「ツトムくーん、なんだか普通より、ちんぽがガチガチになってなーい?」

 

美春がからかうように言いながら、オレのちんぽをキッチリと握ってきた。

うひぃ!やべぇ気持ちいい…。

美春の手の平がちんぽを上下にシコジコと行き来する度に、凄い気持ちよさが走る。

 

「すごぉーい。すでに先っちょがヌルヌルだね!」

 

オレのちんぽがいっぱいガマン汁を垂らしている所を裕子が感心した様に見ています。

ハズい…だけど、興奮する。

両手を縛られているので、2人の欲望のままにいたずらされるがままになってしまっているけど、このもどかしさがむしろぞくぞくしてしまうほど気持ち良い。

 

「ねえ、美春、私、ツトムくんのオチンポ、咥えてみたいなぁ。」

 

裕子がオレの勃起したチンポをパクッと咥えてフェラしはじめた。

舌先で肉棒や亀頭をチロチロと舐められるだけで、物凄く気持ちがいい。

 

「気持ちよさそうな表情しちゃってるぅー。ホント、フェラが大好きなんだからぁ。」

 

美春がオレの顔をを優しく撫でながら、再び乳首を舐めた。

フェラとの相乗効果で、身体をのけぞらせちゃうぐらいに気持ち良い。

 

「あぁ…ャ、ヤバイ…出ちゃいそう。」

 

オレが呟くと、美春が裕子にフェラをストップするように言う。

 

「普段はこんなに早くないのにね。しょうがないから、コレ付けちゃおうか。」

 

美春はオレのカリ首の場所に、怪しげなリングをはめた。

もう少しのところでイかせてくれなかったオレのギンギンになったチンポは、ムズムズしていて、射精を待ち望んでいる。

 

「もう入れちゃおうかなぁ。裕子からお先にどうぞ♪」

 

裕子がオレの上にまたがり、マンコに勃起したチンポを根元までぶちこんだ…。

すごく熱くてキツキツのマンコがオレのチンポをズッポリと完全に覆ってしまった。

 

「ぁあく…くはあぁっ…。」

 

溜め息が漏れるくらい気持ちがいい。

 

「裕子のマンコ、気持ち良いんだぁ?」

 

美春がオレにのっかって、たわわなおっぱいを使ってオレの顔をムギュッと挟み込んだ。

オレは舌を出して、ペロペロとオッパイを舐めた。

 

「あぁん、けなげじゃない。どうせなら、私のマンコも舐めてほしいなぁ。」

 

美春はオレの口の上をまたぐようにして、マンコを置いた。

苦しい…でも、全力で舌をはわせる。

 

「あぁぁん!気持ちいいわ。も、もっと…舐めて…。」

 

オレのちんぽは裕子のマンコを堪能しているけど、美春につけられた例のリングにせきとめられて、発射できない。

オレの舌先は美春のマンコを舐めているけど、イかせるまでのクンニ技術はない。

 

「あんっ!あ…あたし、もう…イきそうよぁ!」

 

裕子が先にイってしまったらしくて、チンポがちぎれそうなほど強力にマンコが締め付けてきた。

その刺激でイきそうなぐらいだけど、リングが妨害をして、イくことができない。

裕子がオレのチンポをマンコからヌルッ!っと引き抜いて、美春が交代でオレのちんぽをマンコに挿入した。

 

「普段よりすごく硬くて、良い感じだよ。」

 

騎乗位でめちゃくちゃ自分のマンコをオレのちんぽで突きまくっている美春は、気持ち良さげにしている。

 

「オレもイかせてくれぇぇ!狂いそうだよ。」

 

もう二回は射精を辛抱しているオレは、精液を出したくて出したくてたまらなかった。

 

「まだダメよぉ~出しちゃったら、全快するまで時間かかるでしょ~。」

 

美春が激しく腰を振りつつ、オレのお願いを却下した。

イキたい…マンコの中が気持ちよすぎる…イキたい…。

オレがイキたいと騒ぎ立てていると、裕子がオレの唇を舌でふさいできた。

今日のオレは完全に人妻2人のペットになってしまったようだ。

3Pだろうが拘束プレイだろうが、もう、なんでも良いから、とにかく即行でイカせて欲しいと思いながらも、オレは腰を激しく振り続けるのだった…。

 

関連キーワード
  • PCMAXで出会ったエロい女とビーチで野外露出エッチ体験談
  • YYCで出会った人妻の性癖が開花!マジでヤバイ!
  • PCMAX体験談!清楚な年上の美人妻がホテルで豹変www
  • PCMAXで出会った人妻が連れてきた人物が…まさかの状況に嬉しい悲鳴
  • PCMAXで出会った美人女教師との体験談!性癖が爆発してヤバイことに…
  • PCMAXで出会った金髪娘との体験談!オ○クの僕がこんな思いして良いのか?
おすすめの記事