久しぶりにYYCを使ったのは、実家に帰って、あまりにもヒマすぎたせいだった。

ダメモトというか、暇つぶしって感じで利用したのが功を奏したのか、美咲という名前の人妻さんを獲得できた。

待ち合わせした場所に待っていた美咲をみて、オレはビックリしました。

マジで?

ホントに人妻だとは思えないぐらい若くて、イケイケ風なミニスカとキャミという姿でおもいっきり露出させちゃってる人が美咲なわけ?

本を立ち読みしている美咲のボディを行き交う周りの男性達がチラチラと視姦しているのが理解できる。
オレは大急ぎで、美咲のところに駆けつけて、オレの愛車に連れてきた。
男性達の憧れの眼差しがすごく心地良い。
美咲は、どちらかというと美人というよりは、カワイイ系の女性で、ポテッとした唇がとってもエロティックだ。

白くてモチモチとしていそうな太腿に、はちきれそうな豊満なオッパイ。
肌触りがよさそうな二の腕。
はっきりと見えている鎖骨。

すべて、カンペキな人妻さんだった。
「慎吾くんって、ベビーフェイスだねえ。なんか、学生さんみたいだね。」
顔立ちに似合わず、ハスキーボイスで美咲は笑顔を浮かべた。
時間が少ないもんで、オレ達は、即ラブホに直行した。

直行したところまではよかったんだけど、美咲に出会っただけでラッキーを使い尽くしてしまったのだろうか、あいにくラブホはすべて満室!
人気がない山道で停車してたオレは、この不幸におもわず息をついた。
せっかくこんなにカンペキな女とヤれるはずだったのになぁ…。

「てかさぁ~、もう我慢できないし、ここでしちゃう?」

美咲は、座席のシートベルトをはずして、おもむろにオレの方に身体を寄せてきた。
目の前に映る美咲は、ツヤツヤと唇が輝いていて、美味しそうな巨乳の谷間がおもいっきり見えていて、裾がせり上がっているミニスカがもうパンティが見えそうなぐらいギリギリだ。

オレは、おもわずゴクッ…と生つばをのみこんだ。

カーセックスは初挑戦で、正直なところ、上手くできる自信なんて全然ない。
だけど、こんなイイ女目の前にして、逃すわけにはいかない。
オレは美咲のスマートな体を抱き寄せて、唇を奪った。
すぐさま美咲の舌がオレの口の中にねじ込まれてくる。

暴力的なぐらい口の中を舌でかき乱されて、不用意にもオレは心地よくなった。
どうにか美咲の舌に自分自身の舌を絡めてみるが、とてもじゃないけど敵いそうにない。
唇を離した時には、オレの方だけ呼吸がみだれてしまっていた。
「うふふ…もうこんなに硬くなっちゃってる。」
美咲はズボンの上からオレのガチガチに硬くなったチンポをまさぐった
実は、ラブホをサーチしているときから勃起し続けていたオレのチンポは、やっと愛撫されて、より一層ビンビンになってしまっています。
美咲は、手を使ってベルトをはずしてきたので、オレは、それに答えるように慌ててチンポを引きずり出した。
自分自身でもビックリするほどガマン汁でヌチャヌチャした勃起チンポから、こもったニオイがしてくる。
美咲は綺麗にしていないチンポをためらわずに、やわらかい唇で包み込んだ。

ついつい、身体を仰け反らせてしまうぐらいチンポの根元まで丸ごと呑み込まれて、美咲の口の中に全て収められた。
横側からフェラしてもらうのは、初体験だったので、これまで味わったことがないような神秘的な感触でした。

舐めまわされるように、ジンワリと亀頭の辺りまで舌と唇がどんどん登っていく。
まるで根元からグイグイ吸い出されるかのように、やわらかい唇が亀頭の先っぽにねっとりとしたキスをしました。
即座にもう1回チンポの根元までパックリと口の中に飲み込まれる。
スマートな指が裏筋を優しくくすぐるかのようにして動いている。
口の中に含まれたチンポは、舌で亀頭やカリ首をレロレロと舐め回されいて、もうなんていうか、上級クラスのフェラテクだ!
オレはあっさりと射精まで追い込まれそうになって、

「あぁ…も、もう…出そうだ…ヤバ…。」

とつぶやいた。

その時、フェラはパタッとストップしてしまって、オレのチンポは口から吐き出されてしまった。
荒く息をもらしているオレのひざに、美咲がまたがるように乗っかってきて、腰を浮かせた。
一瞬で、オレのチンポは美咲のマンコにズルンッ!と包み込まれてしまった。

「えぇ!?ま…まさか…ノーパンなの?」

あんだけのミニスカでノーパン状態だったなんて、あり得ない。
ミニスカでノーパン姿だったからか、フェラで興奮したのだろうか、美咲のマンコは、かなりグショ濡れで、オレのチンポを根元まで咥えこんでいる。

「あぁんっ…し…慎吾くんのチンポ…硬くて…すごく…イイよぉ…。」

オレの耳元で、ささやくようにハスキーな美咲の声が響く…
たまらず、オレは美咲のキャミソールとブラジャーの肩ひもを一気に下へずらした。
キレイにくびれたウエストにキャミソールとブラジャーがひっかかって、張りのあるたわわなオッパイがプリンッ!と丸出しになる。
興奮してピンピンに勃起した乳首を代わる代わるしゃぶりつつも、オレはチンポをマンコから出し入れするように上下に動かした。
この狭い空間で動きにくい感じが逆に、とても興奮する。

「はぅあんっ!すっ…すごい…いいんっ…!」

美咲は唇の端からよだれをたらすほど感じて、喘ぎ声を出しまくっている。
オレは美咲の両足を肩にのせて、マンコを深く、深く挿入した状態で、何度も突きまくった。
びゅるるっ!とザーメンがマンコの中で弾け飛んで、オレは中出しの快楽にしびれつつも、腰を動かし続けた。

「あぁん…な、中に出されされちゃった…あぁん…精子が…。」

うっとりとした表情をそっと浮かべた美咲は、オレに抱きついたまま、くたっとなっている。
車内には、すごくエロいニオイが充満してて、座席にもしみこんでしまうかもしれない。

中出しした後の美咲のマンコからは、ダラダラとと精液がしたたり落ちて、オレのズボンをベットリと汚した。

その後、オレと美咲は、オレが里帰りするごとに、エッチするようになっていった。

もちろん、ラブホでもエッチしているけど、一度目のカーセックスの時ほど興奮する事ができない。

あの時と同じようにカーセックスもやってみたけど、一番初めの時ほど良くない。

どうしようもないので、次は野外露出プレイでも試そうと思っている。

 

 

 

関連キーワード
  • YYCは、出会い系最強かもしれない!?放置アカウントからまさかの体験談!
  • 【長文注意】YYCで出会った美人妻との体験談を聞いてください!
  • YYCで出会った和服の美人妻が変態すぎてマジで困惑中!
  • YYCで出会った淫乱人妻との秘密の時間!まさかの展開に…
  • YYCとか胡散臭い!でも、リアルに出会えてしまった体験談!
  • YYCで捕まえた女性と3P!僕と従兄弟の秘密の体験談暴露します!
おすすめの記事